フェレちゃんの病気療養時にカーボドリンク!






こんな時に

 カーボドリンクは 療養食ではありません。
 病気療養時の
カロリー維持・食欲改善 としてご利用ください。


*食べられなくなった時の「安全なカロリー源」として

 何を用意しても下痢嘔吐が起きてしまうような「食べられない状態」へ
 最低限のゴハンであっても維持を目指し、必要なカロリーを届けます。

*食べられるようにするための「お腹の維持食」として
 食べられないときこそ、再生に必要な体力を維持するため、
「腸内環境を整えること」が 最優先課題となります。
 カーボα
( アルファ)から作る カーボドリンクは、今必要なカロリーを届けつつ、
 素早い回復につながる 腸内環境の健全な維持に働きます。

*テクニックが必要な「給仕コントロール」として
 常に最大のパワーを届けることが正解とは限りません。
 体の力が落ちてしまえば、受け入れられる力価にも限度があります。
 体のストレスにならないミニマム食であるカーボドリンクへ、
 可能であれば「ふやかしの上澄み」「手作りゴハンの上澄み」を和え、
 今受け入れられる上限を見極め、可能な限りの栄養を届けましょう。

*「安全でお腹に優しいおやつ」として
 いわゆる「嗜好性に走ったおやつ」という意味ではありません。
 弊害を一切伴わない健全な食事の延長として、
 いつもの食事の補助栄養として ご利用ください。
 いざと言う時のための練習にもなりますヨ!

*NinnaNanna流 ふやかしフード・手作りゴハン のお助けアイテムとして
 カーボ自体は【ベースフード】にとって必要な『お米のトロミ』。
 NinnaNanna流 ゴハン手法で必須の、お腹にとって不可欠なアイテムです。
 ベビー〜高齢ちゃんまで 全年齢のふやかしフードの仕上げに、
 ウエットフードや手作りゴハンベースお助けアイテムに、
 混ぜ込んだりトロミソースとしてもご利用いただけます。
 カーボドリンクで食欲を取り戻した際は、体調をさらに向上させるために、
 NinnaNanna流 ミックスフーディングへの移行をお勧めします。






基本的な使い方



** 基本のアイテム **
NinnaNannaDelica
カーボα(アルファ)
パイウォーター
ACM ピタリゲン
MRN-100
高機能πウォーター
NinnaNannaDelica
アルティジャーノ液体酵素


** プラスアップアイテム **

急ぎ確実な治癒を目指すための 追加アイテムです。

さらにゴハンの要素をプラスして、一口の維持力を高めましょう。

ふやかしフードウエットフード
手作りベースフード基本のサプリ
健康茶「タヒボNFD」
ティーバッグタイプ



カーボドリンクの作り方 ⇒ コチラ からどうぞ (PDFページが開きます)

 





カーボドリンクの療養管理






下痢・嘔吐・脱肛・拒食・四肢不全など

何も食べられない、何を食べさせて良いか分からない状態


この段階からカーボドリンクの摂取を強くおすすめします。





腸内のカラッポ状態で症状が悪化してしまう

拒食時に発生しがちな悪玉菌優勢な状態







下痢を極力回避する食べ方が重要になる

腸内を維持させる消化物 と 脱水症状回避の水分が必須








Step01

いま生きるために必要なカロリーを摂取する

おなかや体調の負担にならないミニマムで効率的な給仕

   






Step02

回復のための体づくり


** プラスアップアイテムの活用 **

原因となる毒素の排出を早めつつ
回復のための効率的な栄養摂取を強化する



   



Step03

回復期

受け入れる体の力に合わせた、段階的な栄養コントロール













難しい病気が多いフェレットちゃんの体について、
ちゃんと理解していれば発症をさせない事が可能なのです。








ナンナメッセージ


フェレットちゃんの病気と言えば
「副腎腫瘍」「リンパ腫」「インスリノーマ」が3大疾患と呼ばれて久しいですが、
年々これらのご相談は減少傾向にあります。

これらの減少と相反して増加しているご相談が
「肝臓疾患」「腎臓疾患」「下痢嘔吐」「脱肛」と、「突発的な体調不良」です。



特に「突発的な体調不良」は急を要するご相談で、
以下のようなご症状が突然起こり、止める術もない状態です。

 ・拒食
 ・下痢や嘔吐
 ・四肢のふらつき
 ・全身の脱力(寝たきり・昏睡)
 ・極度の脱水症状
 
食べない事に手をこまねいていたり、
嗜好性の高いペースト栄養剤や粉ミルクを食べさせることで、
さらに症状は促進され、干からびるように命を落としてしまいます。



むしろ3大疾患であれば、
ご相談をお受けしてから、徐々に進めていただく事も出来ます。

しかし「突発的な体調不良」においては 待ったナシ!です。

最低限のご準備として、
カーボドリンクのアイテムをご常備いただきたいと願うばかりです。

 ・カーボα
 ・ピタリゲン
 ・MRN-100高機能パイウォーター
 ・アルティジャーノ液体酵素(要冷蔵)

(アルティジャーノ液体酵素以外は、未開封常温にて長期保存が可能です。)



「突発的な体調不良」にて獣医さんへ罹られた際は、必ず『皮下補液』をされてください。
一時的ではありますが、拒食・下痢嘔吐等の各種症状が緩和されます。

原因不明との診断や、その他疾患の診断であっても、皮下補液が災いする事はまずありません。
フェレちゃんの体力維持のために、ママパパさんご自身から求めてださるようお願いします。


なお「突発的な体調不良」より、
ミンクアリューシャン病、DIM、ECE、インフルエンザ等の診断を受けられ、
活路を模索されるママパパさんは、直接ご相談ください。

【ご相談フォーム】は → コチラ






ページトップへ