パティアニマルについて




パティアニマルとは

パティアニマルは、アメリカ・カリフォルニア州 ハリウッドでおなじみのロサンゼルス生まれ。



2006年、ダリルとシャウナ夫妻が立ち上げられたブランドです。

コンセプトは、 身体に良くて、 美味しく 楽しみながら食べられる「我が子達のための食事」

専門店行けば、当時も有機食材を使った安全な食事は手に入りましたが、
それらは夫妻が求めていた全ての条件を満たすことは出来ませんでした。

夫妻を突き動かしたモノはビジネスではなく「情熱」でした。

PartyAnimal®は、決して妥協しないワンちゃん用製品を開発し続けています。



パティアニマル アメリカ農務省承認の有機食材を使用


美味しいだけでは力不足、楽しめるだけでは健康に導けません。

安全の裏付けとなる第三者認証の有機食材 と 利用可能な最高の厳選された食材、
および、不足栄養を満たすための栄養補充の手段で、
品質と栄養バランスだけでなく、楽しめる美味しさ を同時に詰め込んでいます。



パティアニマルは、厳選された動物性食材とUSDA承認の植物性食材から製造されていますが、
有機成分の含有量が70%以上95%未満に満たないため、認定オーガニックロゴを
パッケージに使用することが出来ません。  あらかじめご了承下さい。




パティアニマル ホールフーズマーケット

オーガニック・ナチュラルフードの専門店「ホールフーズマーケット」
 

「ホールフーズマーケット」は、
テキサス州オースティンを本拠とするグロサリー・ストアのチェーン店。
グルメ・フード、自然食品、オーガニック・フード、ベジタリアン・フード、輸入食品、各種ワイン、と言った
いわゆる「グルメ・スーパーマーケット」と呼ばれる高級志向の食料品小売店として、
アメリカ合衆国を中心にカナダとイギリスまで、合計300店舗以上を展開しています。

厳しい基準と審査を通過した製品だけを扱うこの「ホールフーズマーケット」でも、
パティアニマルが採用されています。



パティアニマル 穀物不使用でも美味しく安全に


安全でも、美味しくなければいけません。

美味しくても、安全に食べられなければ意味がありません。

穀物不使用(グレインフリー)のウェットフードが、高タンパクや高脂肪というリスクを抱える中で、
「身体に良くて 美味しく 楽しみながら食べられる食事」というブランドコンセプトは、
ワンちゃん達が食事の喜びを実感できるだけで無く、「栄養バランス」と「消化の良さ」も実現されています。



 あの! ネコさん でさえ も!! 

       思わず 振り向いちゃう (*^_^*)

              ビックリなパーティアニマルです♪


厳しい基準をお持ちの方から、是非お試し下さい。




キャザー


キャザー/フリーエーカーキャット/ブランドバナー


キャザー/フリーエーカーキャット/ギャザーとは

gatherのメーカーであるPetcurean(ペトキュリアン)社は、1999年カナダに設立された新しい会社です。

犬や猫の食事についての知識を持った食通であった創業者は、
家族のために夕食の準備するのと同じ気持ちでペットフードを作ってきました。

彼らにとって最良の食事とは何かを考え続け、情熱と目的を持って製品開発に取り組んでいます。

同社のブランドであるGATHERは、
犬や猫にプレミアム品質、自然栄養をバランスよく提供することを目的とし、
第三者機関によって認定された有機成分を主原料に採用しています。

最高品質の、最も健康的で、最も風味豊かな食材を提供するパートナーは、
Petcureanの非常に厳しい健康、安全、品質基準を満たしていなければなりません。
gatherは、同社の理念でもある「持続可能性」に関する厳しい5つの基準を設け、
これを満たす生産者より原材料の提供を受けています。

   1:人道的な動物福祉の実践に従う
   2:水道の保護と水使用の制限
   3:農家、農業従事者、生産者の生計を保護する
   4:天然資源の保全の確保
   5:生物多様性の保全に積極的に取り組む

gatherはPetcureanの最高峰ブランドとしての位置づけです。




キャザー/フリーエーカーキャット/サステナビリティ

Petcureanでは、

   ペットの幸せ(美味しい食事と健康)、

   人の幸せ(生産者〜エンドユーザーの満足)、

   地球の幸せ(環境保全)

これらを持続させるシステムとして開発・製造を行い、無駄な消費を減らし、
人やペットに力を与えることを企業理念として掲げています。




キャザー/フリーエーカーキャット/不使用

キャザー/フリーエーカーキャット/不使用




キャザー/フリーエーカーキャット/レシピ

キャザー/フリーエーカーキャット/レシピ




キャザー/フリーエーカーキャット/オーガニックとは

有機食品は、有機栽培基準に準拠した方法で製造されています。

有機農業は、土壌、植物、家畜、および人々の健康に焦点を当て、
農業生態系を最適化するように設計されています。

オーガニック生産の第一の目標は、環境と持続可能で調和のとれた農法を使用することです。
いくつかの認定は非常に焦点が絞られていますが、
オーガニックは動物福祉や環境の持続可能性を含む多面的な認定であり、
遺伝子操作された(すなわちGMO)植物や動物の使用は禁止されています。

有機生産の主な側面は次のとおりです。

●土壌の健康:土壌中の最適な生物活性を促進し、土壌資源を節約することにより、
          土壌の肥沃度を維持し強化する。

●害虫の管理:雑草、害虫および病気は、生物学的および機械的方法によって管理され、
          耕作を最小限に抑える。農場は有機認証を受ける前に、少なくとも3年間は
          農薬などの禁止物質を使用することはできません。

●作物計画: 作物の選択と回転は、栄養循環、植物や動物の残留物のリサイクル、
          水管理、有益な昆虫の誘引、生物多様性の促進に貢献しなければなりません。
          遺伝子組み換え作物は禁止されています。

●人道的な動物の処置:家畜は、ストレスを最小限に抑え、健康を促進し、
          病気を予防するように努力するよう管理されています。
          家畜には、生活条件と空間許容量が与えられ、行動要件を満たし、
          有機的に生産された飼料が必要です。


カナダでは、有機食品という用語はカナダ食品検査機関(CFIA)によって規制されています。
有機の基準は国によって異なりますが、カナダは米国、欧州連合、スイス、日本との間で
相互認証協定を締結しており、これらの国の認定食品も協定他国で認定されているとみなされます。

米国の飼料管理職員協会(AAFCO)は、
ペットフードが人間の有機食品の表示ガイドラインに従うことを推奨しています。
米国農務省(USDA)のナショナルオーガニックプログラム(NOP)は、
有機製品のための4つの表示区分を設定しています。

●100%有機物: 製品中のすべての成分は有機物でなければなりません。
          製品には包装に有機シールが付いている場合があります。

●オーガニック: 95%以上の有機成分が含まれていなければなりません。
          製品には包装に有機シールが付いている場合があります。

●オーガニックで作る: 少なくとも70%のオーガニック成分を含まなければなりません。
          有機シールは包装に表示することはできませんが、主な表示パネルには
          「有機________」と記載され、最大3つの成分が記載されています。

●特定成分リスト: 70%未満の有機成分を含む食品は、
          成分説明書に有機成分のみを記載することがあります。
          これらの製品は、パッケージに有機シールを付けることはできず、
          主ディスプレイパネルのどこにでも「有機性」という言葉を記載することはできません。


また、カナダオーガニックまたはUSDAオーガニックロゴを含めるには、
オーガニック認定の施設で製品を製造する必要があります。

GATHERフリーエーカーのレシピでは、
有機成分の含有量は70%以上95%未満であり、製造施設は認定オーガニック施設ではありません。
従って、認定オーガニックロゴをパッケージに使用することは出来ません。





GATHERフリーエーカーで使用している食材には、以下2つの第三者機関の認証マークが付いています。

キャザー/フリーエーカーキャット/CORオーガニック認証

CORオーガニック認証

カナダの有機制度Canadian Organic Regime(COR)に基づいて与えられます。
日本の有機JAS制度とカナダのCOR制度は、
両国の有機制度が同等であると相互に認めています。



キャザー/フリーエーカーキャット/USDAオーガニック認証
USDAオーガニック認証

アメリカ農務省(USDA:United States Department of Agriculture)の
機関であるNOPが定めるオーガニック食品基準に基づいて与えられます。
認証を得るためには、栽培地で3年以上農薬を使用していないことや
オーガニック栽培計画書などの証明資料とオーガニック製品の提出、
政府の承認を得た検査官による現地査察が必要となります。




GATHER Free Acres のレシピには、
100%認定有機の鶏肉、エンドウ豆、亜麻仁が含まれています。
また、GATHERのすべての成分は非GMOです。




イティについて


**** 愛犬・愛猫に三ツ星ディナーを ****

ニュージーランドの風味と栄養価をエアドライ製法で余すことなく閉じ込めた、最高級レベルの品質と
安全性を持つ穀物不使用のイティペットフードです。





“iti(イティ)”とは
マオリ語(ニュージーランドの先住民族の言葉)で「little(小さい)」という意味があります。

iti(イティ)の創業者は「世界中のペットフード業界は大型犬に比べて
食べる量の少ない小型犬用フードや猫用フードの
品質や栄養について、あまり関心が持たれていない」とずっと感じていました。

世の中のフードは基本的に同じ作り方に同じ原材料、同じようなエクストルーダーの
フードを大量生産し、経済性を優先するからです。

そこで、これまでのフード業界の考えを見直し、今までにない新しい製品を一から作ることにしました。


●小型犬や猫のニーズに特化したブランド

 小型犬や猫が何を必要とし、何を与えるのが最適か…
 動物本来の性質に基づいた嗜好性や消化性、そして健康な皮膚や被毛に体重管理、
 さらに関節維持など、小型犬や猫のニーズに特化しました。


●新鮮で安全な原材料 と 独自のドライフード

 主原料はニュージーランド産を使用。
 独自の“エアドライ”製法を採用。
 鮮度維持と栄養を保つことができる個包装。
 他社製品よりも水分を多く残すことで、幼い子やシニア世代にも食べやすい硬さを実現。






イティの原材料となるビーフやラム、チキンといった家畜は、ニュージーランドの恵まれた自然環境のもと、
厳しい管理基準の法律を遵守している農場で大切に育てられています。







 | 原材料はすべて自然由来

イティは天然の素材のみを使用しています。
遺伝子組み換え食品、穀物、動物ミール、人工着色料、防腐剤を一切使用していません。





 | ニュージーランドからの直行便

イティはすべてニュージランドからの直行船便。
およそ13日で到着し、アメリカからの直行便とくらべて1週間程度短くなります。
コンテナの滞在時間を短縮することで、製品へのダメージを抑えることが可能です。
また安価なコンテナ船(中国・韓国)会社は利用しておりません。







クプレラについて







スタートは、イヌ科ネコ科の動物が何を食べているのかを考えるところから始まりました。

犬や猫の祖先は生きている動物を食べています。
つまり捕食によって捕食前まで頂点にいた生態系を取り込んでいるのです。

草食動物と共生状態にある菌類やその他の生物、草食動物に食べられた草木、
それらが成長するのに必要だった大地の栄養、これら全てを考える必要があると考えました。

この考え方をパッケージ内で擬似的に再現したのが、クプレラシリーズです。





クプレラの特徴として、グルテンが入っていないこと、
そしてプロバイオティクスと酵素が入っていることがあります。
野生の動物はプロバイオティクスを草食動物の腸内から、
また酵素も草食動物の持つ酵素を取り入れて体内で活用しております。
しかし、プロバイオティクスや酵素は熱に弱く、高温下では効力を持たなくなってしまいます。

CUPURERAシリーズではそれを非加熱のまま配合しております。
また、クプレラ製品自体にプロバイオティクスの餌となるもの、棲家を用意し、
さらにその活動を補助することで、有用に活用できるようになっております。

その他では非加熱ビタミン類の配合があります。
ビタミンとミネラルは、お互いが関連しあって体内で有効に働きます。
一般的にみて、食べ物は加熱されるとミネラルに比べビタミンの方が、より失われる傾向にあります。
ビタミンが減少してしまうと、有効活用できないミネラルが食品に多く残ってしまうことになります。
今まではミネラルの量を制限することにより、その問題に対応してきました。
しかしミネラルは、成長、肉体づくりに非常に重要な要素です。

クプレラシリーズは、ミネラル量にほとんど補正をかけず、
原材料に自然のまま含まれるミネラルの量を実現するため、加熱によって失われたであろうビタミンを
ペットフードの焼成後の工程で復元することにいたしました。

手間とコストは今までの常識から考えられないものではありますが、
それはクプレラシリーズが今までの常識を覆すペットフードであるからに他ありません。





「 クプレラ」は、防腐剤を一切使わず、合成保存料、合成着色料、合成香料、酸化防止剤 、
防虫剤、防カビ剤など化学薬品を一切使っていません。

クプレラの主な原材料


クプレラ その他の原材料



アズミラについて






AzmiraはFDA(米国食品医薬局)とUSDA(米農務省)の優良製品製造指針に基いて製造されている
数少ないナチュラルペットケア製品メーカーのひとつです


ペット用品については連邦法、州法にも品質基準の規制はありませんが、
高品質で効果的な製品の提供を使命と理念に掲げるAzmiraにとって重要な指針として採用されています。

Azmiraの製品開発には、臨床研究、二重盲法(実験者・被験者双方がその内容を知らされていない方法)と、
試用を採用しています。

非常に高水準の品質がAzmira製品の成功の源であり、
逆症療法を採用する獣医師がAzmiraを賞賛し期待を寄せ始めたことにより、
品質基準に対する責任はますます重要になっています。

page top



1982年、当時ペットのナチュラルヘルスケアについてはほとんど知られていない状況下、
Lisa NewmanはAzmira Holistic Animal Care社を設立しました。

彼女自身のペットに健康上の問題が生じたとき、従来の手段ではほとんど解決できないことを知った彼女は、
人間の栄養学、ホリスティックケア、ホメオパシーについて学び、安全で効果的なプログラムを開発しました。

彼女が提供する情報は間もなく人々の間で評判となり、その効果が実証されていきました。
設立以来獣医師と共同作業を行ってきましたが、品質を伴ったナチュラルサプルメントが無かったことや、
宣伝文句とは程遠い製品への失望からLisaは彼女自身の栄養学、
ハーブ、ホメオパシーに基づき1988年から自社製品の開発を手がけました。
それ以来、従来の代替ヘルスケアや医療に見放された多くのペットの健康や行動上の問題を改善してきました。

Azmira Holistic Animal Care社は実績のあるナチュラル製品の研究者によって処方された製品を開発できる、
数少ないメーカーのひとつです。
他社の模倣や流行の追随によるものではなく独自の研究に基づいて開発されていますので、
ほとんどの製品は現在市場に出ているペット用製品とは異なることに気づかれると思います。

Azmiraは自然界の真実と法則を追求します。
これは長年に渡る証拠に裏付けられた、自然の本当の働きを深く研究した結果で、
これが成功と信頼の源になり、この分野におけるパイオニアからリーダーとしての地位を確立しています。

Azmiraサプルメントへの評価の高まりと共にナチュラル製品の市場は拡大し、
「流行」に乗って利益を得ようと目ろむ製品が氾濫してきました。
それらのメーカーは動物にどのように作用するのか経験も知識も無く、
人間用に良く知られた素材に評価を求め製品化します。
利益優先の性急な動きは効果が無いだけでなく、弊害を招くような製品を生み出しました。

現在Dr.Newmanは「ナチュラルペット製品協会」をサポートし、
この成長産業への法的規準の制定へ向けて活動しています。
Natraceuticalの真価は獣医学においては長い間認められませんでしたが、
Azmiraのサプルメントに対する評価によって獣医師の認識が変わってきました。

特に「逆症療法」を学んだ獣医師は明確に、より自然で、ペットに敬意を表したサポートに興味を深めてきました。
そのきっかけのひとつは一般ペットオーナーの間でのAzmiraサプルメントへの評価の高まりによるものです。
そして益々ナチュラルペットケアへの関心が高まると共に、
部分的なケアよりも身体全体のケアによる健康を求める方が増えてきました。
人々はかかりつけの獣医師にこの意思を表明し、獣医師と共に成功に導く処方に関する情報交換を行っています。

1998年Lisaは長年の研究を元に「ホリスティック栄養学」と「自然療法学」の博士号を取得し、
アメリカやカナダにおいて獣医師からの講演依頼に益々多忙を極めています。
また、今後大学での臨床研究も促進されることが期待されます。 Dr.Newmanの功績は多くの人々に認められ、
全米動物健康協会の諮問委員会の、獣医師以外のメンバー二人のうちの一人として招請を受けています。

人々に賞賛をあびている「犬を守る組織」と動物保護協会は製品の表示の裏に隠れている真実と、
非倫理的な療法(従来の療法や自然療法を含む)についての指導者として彼女を迎え入れています。
また、獣医師、動物保護センター、トレーナー他代替ヘルスケアの実践を行ったり情報を求める組織や、
メーカーの要請に応え、全米で発行される刊行物の、
Natural Pet, Animal Quarterly, Healthy Pet….Naturally等に定期的に寄稿しています。
1999年Dr.Newmanの功績はアメリカ大手出版社にも認められ、
八冊にも及ぶNatural Pet Careシリーズが出版されました。

Azmiraの製品は最高品質の人間用の素材で作られ、またあなたのペットに最も有益な製品だと確信します。
あなたにとって初めてのことですが、決して難しいことではありません。
あなたの大切な家族の一員に代替ヘルスケアをお求めならDr. Newmanの知識がきっとお役に立つと確信します。

page top



全てのペットが最善の製品を与えられるべきです。
あなたの顧客が支払う対価に見合ったものを供給すべきです。


善意の飼主の人々が粗悪なペットフードを与えているため、
ホリスティックケアによる健康維持への潜在能力を失っていることに失望させられます。
彼らは忠実にすべてのタイプのナチュラルケアの治療計画や製品、またホームクッキングまで試しています。

しかし、その食品がペット自身の健康維持のために必要な基本的なものを供給していないのではないか…
という考えに欠けているのです。
さらに悪い事に、潜在的に有毒なフードを与えているとしても、
オーナーや獣医は一つのことを信じているという事です。

多くの一般的なペットフード、補助食品、おやつの材料、加工方法でさえ、
実際、様々な健康上の問題を引き起こすのです。
そして、彼らはナチュラルであると主張出来るでしょうけれども、
食事として不適切であったり生物学的利用さえなされないものなのです。

アズミラの全体的なアニマルケアーと栄養学に基づく製品の創設者であり処方に精通した、
ホリスティック栄養学博士、自然療法学博士リサ S. ニューマンは好んで次のように言います。

”体がどのようにして健康になるかという事はペットに何を食べさせるかと言う事と直接関係しています”

高価な食品は実際、その質ではなくマーケティングやパッケージングに費用をとられていて、
高品質の材料に対して費やされているのではありません。
”自然の”タンパク質成分に、リサイクルされた靴の皮や、
路上で事故死した動物の死骸などが利用されている可能性があります。
これは品質基準の最悪のものです。

反対側の基準はアメリカ農務省に等級付けられた”人間の消費を承認”された筋肉をカットしたものです。
消費者は尚更用心する必要があるのです。

同じ事が安い”オーガニックフード”にも言えます。
そんな事はない!すぐれた製品を作っていると主張しているどの会社も、
材料費にいくら近付けたとしてもそんなに低い値段をつける事は出来ません。
自分で食料品店に買い物にいって下さい。
そして、”ビーフ味”に食品処理された肉のスライスとA級のサーロインの品質をくらべてみて下さい。
質に対する値段が何と違う事でしょう。
”人間の食品の品質”のペットフードの材料がそれほど安い事があるかどうか”品質”について考えてみて下さい。

もう一度考えてみて下さい。
当社にとって幸運なのは、あなた方が、私達が約束した通りの品質や調合を実際供給できる、
唯一の会社である事が分るだろうという事です。
これは当社の全国的なマーケッティングが他社の製品の材料に誤報をつけて消費者をこわがらせるとか、
あいまいな約束を与えることではなく、臨床的に証明された材料の効能だけに基づいているからです。

《参考》あなた自身のために確認して下さい
あなたのペットフード製造業者に、なぜ特定の成分(コストを抑えるためではなく)を選んでいるのかを説明する様、
そして、書面にて(公認証書などの第3者からの)彼らが主張する標準を証明する様、尋ねて下さい。
もしアズミラよりも”良い”ペットフードを見つけたならばそれを買うべきでしょう。
(しかし、製造業者が狡猾にあなたを騙す手を使うかも知れない事を注意深く理解して下さい。)!
Azmiraで成し遂げてきた事が何であるか、
本当に評価して頂くために当社は、あなた方が製品ラベルを読み取れるようになられる事を望みます。
そして、あなたのペットに入手出来る最高の食餌を提供されるようになる事を望みます。

page top



アズミラ製品の原材料は1982年創業以来、
ニュージーランド産ラム肉を除きすべてアメリカ産のみを使用しています。


1.新鮮で優れた蛋白源
より良い消化と改善された生物学的利用能、すぐれたアミノ酸と脂肪酸、より良い味わいを、
化学的な添加物、イースト、塩、砂糖、副産物を使わずに提供しています。

2.優れた全粒穀物
より良い消化と生物学的利用能を提供しています。
穀物のそれぞれの部分は、有益な食物繊維、 自然のビタミンやミネラルの付加をもたらします。
これらはそれぞれの穀物自身が必要とするひとつひとつの栄養素で作り上げた栄養のパズルで、
それをなくしては完全なフードとは言えません。

3.大変高い可消化性や有用性が臨床的に証明されています
高品質の素材は身体による利用度が高く、少ない給餌量ですみますので、
身体は容易に処理でき、器官は余分な働きを強いられることなく健康と若さをサポートします。
これもホリスティック栄養学に隠された秘訣です。
少ない給餌量、少ない排泄量、高い嗜好性や優れた能力は第三者の獣医によって臨床的に実証されています。
独立した実験室において頻繁に検査を行い、材料から包装に至るまでAzmiraRの品質基準を常に監視し保っています。

page top



当社の全てのサイズのドライフードにバリアパッケージを採用!
空気を遮断し、酸素、水分、油脂、光、臭い、昆虫、他から製品を守ります。


同様のパッケージはコーヒー、フレッシュミート、ローストナッツ等鮮度が重要な食品によく使われています。
高品質のペットフードを保存料無しで鮮度を保つためにアズミラが採用している重要な包装材です。

《酸素透過率》
バリアパッケージのキーポイントは使用している材質にあります。
アズミラパッケージには特殊なフィルムを重合し、酸素、水蒸気などのバリア性と遮光性に優れた素材を採用。
旧パッケージに使用していたアルミフィルムがマチの折り目で剥離しやすかったため、
アルミ蒸着フィルムを中間層に使用した素材に変更しました。

酸素透過率0.045cc/100平方インチ/24時間、
水蒸気透過率0.045g/100平方インチ/24時間という高いバリア性能がフードをしっかり保護します。
更に現在の素材は引張り、引裂き、衝撃強度に強いという利点がありますので輸送中の保護にも優れています。
旧バージョンの酸素透過率0.01cc/100平方インチ/24時間より数値的には落ちますが、
賞味期限内のフードを劣化させるレベルには及びません。
ご参考までに・・・紙製パッケージ(ポリプロピレン裏貼り付き)の酸素透過率は、
100-200cc(アズミラパッケージの2,200〜4,400倍)もあります。
アズミラが目指す基本的な目的は製造後出来るだけ早く皆様のもとにお届けすることです。
しかし、購入日に関わらずそれが新鮮であることは素晴らしいことではないでしょうか。
それに加えて袋はリサイクル出来るのです。

《賞味期限》
アメリカでのテストの結果、24ヶ月間ほとんど酸化が進まないことが証明されました。
アメリカでの賞味期限は9ヶ月と設定されていますが、
海上輸送と気象条件の違いに配慮し、より新鮮な状態で食べて頂くために日本では7ヶ月としています。

《バリアパッケージ採用の有用性》
ビタミンはその効力を失いませんのでより効果的に働き、問題はより少なくなります。
その他の全ての素材もまた“農場の鮮度”を保ちますので、
嗜好性も良く生物学的利用能も高く全体的に良い働きをしますので望まれる結果が得られます。
アズミラのドライフードは開封した側を3つ折りにしてクリップでとめて保存して下さい。
45日以内に使いきってください。

page top



1.自然の保存料

クラシックキャット:複合トコフェロール(天然ビタミンE)
ドッグフォーミュラ:アルファトコフェロール(天然ビタミンE)、ローズマリー、セージ
この物質は他の成分の製造工程での破壊からも守ります。
缶詰の製造工程では高温処理を伴うためd-lアルファトコフェロールを使用しています。
(当社の場合は業界で最も低い加工温度で栄養素の生物学的利用度を保っています)


2.アズミラのフードは経験豊かな自然療法の博士によって処方され、
マーケティングのチームではなく、第三者によって保証されテストされています


アズミラの創設者で処方の責任者である自然療法学博士である、
ホリスティック栄養学博士のリサ S. ニューマンは、栄養やサプリメントを通して、
1982年以来ナチュラルペットケアにおいて引証をつけた研究と実践に取り組んできました。
現在、彼女は獣医や他の製造業者の相談役としても高名です。
ニューマン博士はまた、栄養を含む8冊のナチュラルペットケアポケットガイド、
及び「Three Simple Steps to Healthy Pets」の著者でもあります。
そして彼女はThe Holistic Animal Care LifeStyleRの代表的な講演者でもあります。


3.アズミラは食品医薬局やアメリカ農務省が規定している研究室を使用しており、動物救助、大学、
獣医協会の色々なメンバーたちが当社の個々の成分や最終的な製品のテストをサポートしています


アズミラの利益の1%とMarcy Merin と Dr. Newmanの時間の多くが、
研究、及びペットフード、スナック、サプルメントに使用される自然成分に関するAFFCOや、
食品医薬局の規定(承認)、ナチュラルペットケアの推進に捧げられています。


4.当社のフードは栄養的に健全でAAFCOの栄養基準に適合した”全年齢”用ペットフードです

あなたの家族の全ての犬やネコそれぞれに別々のフードの袋を開けてあげる必要もなく、
より効果的にフードの鮮度と能力を保てます。
これによってそのフードを開封した時から最後までおいしく保ちます。
フードだけ与えても健康なペットの健康維持に優れた栄養的基盤を供給します。
それぞれのペットに必要な特別な栄養素はサプルメントの応用で対応できます。

忘れないで下さい!
The Holistic Animal Care LifeStyleRは Azmira Animal Nutrition が供給する基盤に基づいています。
そしてペットの経歴や年齢に関わらず健康的に、情緒的にバランスがとれた生活に向けて、
ペットの能力を最大に引き出してあげるために相乗作用するニュートリショナル、
ハーバルサプリメントの一連の製品が賞賛を浴びています。

page top

ナチュラルバランスについて






ナチュラルバランスペットフード社は犬・猫のために様々な最高品質のフードの開発研究をしています

カリフォルニアK-9アカデミーと動物栄養博士(元AAFCOの検査官)・獣医博士などのプロジェクトチームにより、
「栄養サプリメント配合」のフードが開発されました。

ナチュラルバランス社はフードに「栄養サプリメント」を配合させる研究開発が他社メーカーより進んでおります。
全米で一番大きい動物園・サンディエゴ動物園の猫科の動物たちに、
「栄養サプリメント」を配合させたフードが正式に認められ採用された「民間企業」です。
公的な動物園で採用される事は最新の研究開発と臨床結果の現れです。

現在では全米No1のペットショップチェーン店の優良フードとして、特設コーナーを設け販売されております。
日本の輸入商品は米国の商品を多少アレンジしております。
特に酸化防止の方法やミートのセレクト等を日本の季節や風土に合わせてオリジナル開発して輸入しております。

ナチュラルバランスの動物学肉食動物フードは特に野生の肉食動物の為に開発された世界初の製品です。
米国の有名な動物栄養学名誉博士達のプロジェクトメンバーで研究開発されました。
原料は全て米国肉類検査サービス(FSIS)によって管理された食用肉を使用しております。
その他の原料も全て米国USDAの承認された原料を使用しております。

page top



あなたの愛猫が生涯健康であるために・・・“ナチュラルバランス”の願いです

猫は人間よりも臓器(肝臓・腎臓等)が小さい為に、
フードに含まれている化学物質や合成添加物・原料成分にペット達は敏感に反応し、
病気障害・アレルギーの原因をフードによって発生させている場合が多いのです。

愛猫を生涯健康で幸せにするのは飼主の皆様が責任を持って、
今一度フードの中身をチェックして愛猫にとって理想的なフードを選択してあげてください。

ナチュラルバランスのウルトラプレミアムキャットフードはオールナチュラルの厳選された高品質の主原料を使用し、
栄養バランスを考えて猫が不足している栄養素(サプリメント)を30種類配合させて開発されました。

一般的にサプリメント(補足剤)をフードに混ぜて餌として与える事は過剰摂取を起こし、
逆効果となり病気障害を引起す原因になる事もあると言われていますが、
サプリメントは栄養素と栄養素を結合させる別の成分が必要で、
単純に1種類のサプリメントを補足するだけでは余り効果はないのです。
全て栄養素と栄養素の正しい比率によって初めてペットの体内にバランスよく吸収されて、
臓器が正常な機能として働き健康な状態を維持していくのです。

page top



獣医学・栄養学・科学・力学で研究された製品ウルトラ プレミアムフード

.Ε襯肇 プレミアムフード
科学的・栄養学的・獣医学的・力学的に研究開発されたオールナチュラルで高品質な五大栄養素が含まれ、
体内で生成出来ない栄養成分(30種類のサプリメント)がバランス良く配合されております。

栄養学的に研究された全猫種対応フード(離乳時から老犬まで)
成長期に合わせて分量を変えるだけで1種類のフードで対応する事が出来る栄養学的に立証されたフードです。

N漏愿に研究されたフード形状
パレット状で片面がドーム状になりもう一方の片面が平面になっており、
ドーム状からは硬いが平面状の方からは簡単に割る事ができる形状になっています。
その為にあらゆる猫種と離乳時の子猫が口の中に入れた時に、
「噛みやすい大きさ・割れやすい硬さ」に研究されております。

球状のフードの場合は何処から噛んでも口の中で転がり噛む事が難しい為にそのまま飲み込んでしまいます。
パレット状で両面ドーム状のフードは何処から噛んでも硬くかみ砕く事が出来ないのです。
これは皆様が現在使用しているフードを指2本で割って実験をして試て下さい。
小粒のフードだから子猫に適しているとは限りません。



け浜楹愿・力学的に考慮された1粒当りのフード密度の違い
ウルトラ プレミアムフードの1粒当り約0.67咾量度になっております。
結果的に質量の密度が高い事は、それだけフード1粒当たりの「原料・栄養素」が充実している事になります。
飼主の皆様が密度について簡単に実験を行なう事が出来ます。
実験方法は透明のグラスに八割程度水を注ぎ、そのグラスの中にフードを十粒程度入れて下さい。
密度の高いフードは全てグラス底に沈む事が立証出来ます。
結果的に愛猫にフードを与える時に密度の違いは大きな問題になります。(肥満・栄養不足の原因)
これは結果的にランニング コストにも関係して来る事になります。
密度の低いフードは分量を多く与える事になり消費量も早くなる結果となります。
よって購入価格は安くても消費価格で考えれば高く付く事になるのです。



フード密度が高いフードは容器の底に沈みますが、密度が軽いと全て上に浮いてきます。
浮くフードはフードの中身に膨張する成分が多く含まれているか、空気を多く含んでいる場合が多いのです。
空気に触れると酸化するわけですから密度が軽いフードは更に成分の剥離が早く起こっております。



フードを計量する時に各メーカーでフード密度が違う為に計量カップで単純に計量する事は適切な分量になりません。
上記の写真の様に同じ100gでも密度によってこれほど違いが出るのです。

page top

ワイソンについて






ワイソンフードは獣医学博士・医学博士であるDr.ワイソンが開発しました

Dr.ランディ・ワイソンはミシガン州立大学で科学と獣医学の博士号を取得し、
臨床獣医学、人間用の外科器具の開発に携わり、臨床、外科術、調剤学の賞を授与しています。
また、大学では人間解剖学、生理学、生命の起原について講義をしました。

1979年より、Dr.ワイソンは研究と商品開発を中心に、
特に健康の最適条件と疾病予防のツールとしての栄養学に重点をおいた研究を行っています。

・1979年 R.L. Wysong D.V.Mがワイソン社を創立
・本社:ミシガン州ミッドランド
・食品加工や研究機関:ウィスコンシン州レイクミルズ

ワイソン社は人と動物用の食品と栄養補充品、予防を目的とした栄養に関する教育材、
医薬の自己判断、環境保護の自覚を広め、人と動物用の医療、手術機具などの開発を手がけています。

ワイソン社は、今現在もDr.ワイソンの指揮のもとに運営されています。
ワイソン社は過去、保育所、新商品のデザイン、環境保護活動で褒章を受けています。
ワイソン社の商品は原材料の組み合わせ、製造方法、パッケージなど常に改良されています。
また研究や教育的事業は動物と人間用商品、パンフレット、科学的レポート、カセット、ビデオ等広範囲に及びます。
ワイソン社は株主、営業、不在オーナー、第三者企業などで経営されていないので、
商品の開発、改良や新規の取り込みに柔軟な対応ができます。
これはとても大切なことだと認識しています。

またワイソン社は世界的に余り広告宣伝をしておりません。
宣伝費も材料費に使っているからです。

page top



健康的なペット生活を地球規模で考え、自然エネルギーをバランスよく取り込んでいます

商品は生産者の理念以上には良くできません。
「栄養は健康に大きな影響を与える」という理念をDr.ワイソンはもっています。

ワイソン社の第一のゴールは動物が自然環境の中で食べる食物に近いフードを生産し、
人と動物の健康的な生活の選択を教えていくことにあります。

Dr.ワイソンは「健康を促進する事」を個人的目標にしており、それは会社の方針にも反映しています。

page top



「動物本来の食事」により近く

Dr.ワイソンは動物が野性で食べているものが一番健康に良いという信念から、
長年ペットフードに使用される材料や製造過程などに疑問を持ち、
その安全性と開発から生産に及ぶコンセプトを問ってきました。

ワイソンペットフードのコンセプトは野性動物の食生活に戻るということです。
消費者に生の肉や野菜を使ったホームメードの調理法を教えています。
しかし、現代の忙しい私たちには毎日ホームメードの食事を与えることができません。
そこで生まれたのがワイソンペットフードです。

私たちや動物たちが生きている現代は加工社会で過去の自然な環境とは遠くはなれています。
この世が始まってから現在に至るまでを一本の線で表わすと約 430kmとします。
生活が近代化された過去200年はその中の2.5cmでしかありません。
生物はこの約430km間で自然な環境に順応してきました。
しかし、その中の2.5cmでしかない現在、加工品の開発に力を入れ、汚染された自然を作っています。

ワイソン社はこの原理を理解し、もとの自然に近い 食品や栄養補助食品を考案しています。
私たちの生命は試験所で合成されたものではありません。
それは自然なものです。
自然な生命には自然に育った食物が必要です。

page top



●新鮮で加工されていない、できる限り有機栽培の材料を使用

●完全穀物

●交雑栽培された栄養価の高い材料

●かびや細菌のテスト

●有機飼育された肉、内臓、骨

●生の原料に含まれる消化を助ける酵素

●肉食動物がえじきの内臓から摂取するのと同様な体に大切なミネラル類

●ワイソン社の開発した植物性の自然な酸化防止剤

●免疫力、アレルギーや疾病の予防に必要なオメガ3オイル配合

●汚染のない海から採られた天然ミネラ

●自然な食物に含まれるビタミン

●芽穀物

●人工添加物無添加・無着色

●ペット用の材料ではなく人間用の材料を使用

page top



厳選された生の食材を一気に調理し、すぐにパックすることで栄養価の高いおいしさを実現

良い材料を使うことと加工後まだ栄養価を高く保つことは別なことです。
最近のペットフードの加工方法は製粉、押し出し機、蒸留器、形つけ、乾燥の過程があります。
これらの過程でほとんどの栄養素は破壊される可能性が大きいのです。

食物は優しく扱われるべき壊れやすい生き物です。
しかし、200度もの熱と高圧力で加工されます。
このような状態で栄養価の高い商品ができるでしょうか?

だからといってワイソンは加工していないわけではありません。
長い賞味期間を持ったパッケージ入りの食品は加工されなければいけません。
加工のすべてが悪いわけではありません。
加工は食物が本来持つ原病体を殺し、植物性穀物や蛋白質の消化を良くし、消化を妨げる要素を不活化します。

加工の良い点と悪い点を良く理解したうえで、栄養価を高く保つ加工方法をワイソン社は開発しました。
材料の収納から加工まで良い点を高め、悪い点を抑えるよう配慮されています。
温度と圧力を慎重にモニターし、熱に弱い栄養素は加工が終わってから加えられています。

page top



できたてのおいしいをテーマにパッケージにもこだわりました

パッケージはとても大切です。
紙袋でどのように肉、脂肪、オイル、穀物、乳酸品の入ったペットフードを新鮮に保つのでしょうか?

ワイソンはニュートリ・パックという画期的なパッケージを開発しました。
食品が腐る原因は酸素と光にあります。
ニュートリ・パックは酸素と光を通さないポリエステル素材を使用しています。
最後に出来上がったフードをニュートリ・パックに詰める際、無酸素にします。

《ワイソンニュートリ・パックの特徴》
 1. ペットフードができ上がってすぐパッケージに入れられます。
 2. パッケージングの際、無酸素の気体を入れて閉じます。
 3. ニュートリ・パックはシールされると光を通しません。
 4. ニュートリ・パックはシールされると外の空気を通しません。
 5. バクテリア、かび、虫がつくのを防ぎます。
 6. 小さめのパッケージなので、開封する度に新鮮なペットフードです。

page top

アーガイルディッシュについて






名前の由来は・・・

アーガイルはスコットランドのアーガイル地方から生まれたダイヤモンド・チェック柄のことを言います。
この柄絵はシンプルながら美しいデザインで、男性・女性にかかわらず、
また子供から大人まで世界中の人たちに愛されるデザインとして今日に至っています。

これはアーガイル柄(菱形)の持つシンプルな形とバランスたるゆえんでしょう。
菱形は4つの辺の長さが等しく、線対称な図形でかつ点対称な図形でもあります。
このため、自由に配置や色を変えたとしても、バランス良く、美しく安心感を生み出してくれます。

アーガイルの持つバランスのよい形に近づけるよう、多くの皆様から愛されるフードを目指し、
そして、これからも長く次世代に引き継がれるよう、
「アーガイルの食卓」という意味でアーガイルディッシュが生まれました。
シンプルでもバランスが良い、これはペットフードの場合においても同じです。

 ̄浜椒丱薀鵐
∩度(嗜好性)
0汰汗
た頼

という4つの要素が菱形の4辺のようにバランスよく配置されることが、
アーガイルの持つ美しさや安心感につながっていくと考えています。



page top



ペットにも良い、環境にも良いフード作りが出発点

Well Bred Care〜 素養あるケア
人間とペットの関係は1万5千年以上、縄文時代前から続いていると言われています。
人類の歴史の中で、人間とペットは共に地球上で生命を引き継ぎ、互いに進化してきた仲間ともいえるでしょう。

そして現在、ペットの健康への意識がさらに高まる中、
目の前にいる愛犬・愛猫たちへの愛情や命も子孫へと引き継がれてゆくでしょう。

Well Bred Careとは、ペットにもやさしい、環境にもやさしい、
これから何千年もこの地球で人間とペットが共存していくための、
私たち人間が果たすべきキーワードであるとアーガイル・ディッシュは考えています。
これからの世代に伝えてゆく、残してゆくために、アーガイルディッシュが生まれました。


安心の中身

アーガイルディッシュは、私達が口にする食材と同等の安全性の高い原料を使用して作られています。
オーガニック認定されていない商品であってもオーガニック原料や安全でナチュラルな原料を努めて使用しています。

オーストラリアは固有の動植物を守るため、輸出入の水際や、入国時の空港での検査など、
厳しい動植物検疫でも有名ですが、国内においても州間・州内での家畜の移動に検査官の監督が伴うなど、
厳しさにおいては外からだけでなく国のなかにおいてもレベルの高い国です。

また農産物はもとより家畜においても農薬・化学物質の残留基準が設けられ、検出されると州法により罰せられます。
つまり家畜が口にする草や飼料により体内に残留する化学物質にも規制があるということで、
アーガイルディッシュに使用している肉はこの規制のもと安全性が約束されたものということになります。

またオーガニック製品で使用している有機肉は安全性においては、
これを上回るものがないことが公に証明されているということになります。

アーガイル・ディッシュには一部ニュージーランドの原材料を使用しておりますが、
オーストラリアとニュージーランドは食品・農水産分野において食品安全局を設立し共通の安全基準を設けています。

また、オーストラリアはBSEや口蹄疫未発生国であり、
1960年代から牛・羊ともにトレーサビリティシステムで管理されており、
動物衛生管理の厳しさの歴史が証明しているといえます。


良い原料を探しているうちに

鮮度を追求し、いつ、どこで収穫された原料を使用するか、
また当然「原料の品質自身」にもこだわりをもって開発を続けた結果、オーガニック認定をいただきました。
(もしかしたら有機認証をとれるかもしれない、と申請をはじめてから実際に認証をいただくまで
3年半の月日を要すほど本当に厳しいもので、オーストラリアの認証の厳しさを実感しています)

日本仕様のドッグフードとしてはオーストラリアでは最初の認定オーガニックフードです。
ウィステリア・アダルトおよび、エバーラスティング・シニアが認定商品となりました。
しかしながら私達は、もし今後、犬猫の健康に良いとされるオーガニック以外の原料の必要性がでてきたとすれば、
迷わず使うこともあるでしょう。

つまり、オーガニック認定だけがアーガイルディッシュのゴールではないからです。
アーガイルディッシュが考えるオーガニックとは愛犬の栄養バランスを考え、
その中で良質な素材を求めた結果のひとつであるととらえております。



認定を受け登録された場合にのみ、当機関よりオーガニックロゴの使用が認められます。
当然認定番号も表示義務づけられます。

パッケージにロゴを印刷する場合は、
当機関にパッケージ袋のどの部分にロゴを使用するのか事前に提出と許可をとる必要があります。
当然中身の商品の袋詰めも、オーガニック認可を受けている工場で行わなければ使用を認められません。

page top



「安全性」-「新鮮なおいしさ」-「利便性」への考え方と取組み

アーガイルディッシュドライフードの賞味期限は、市販されている他の商品に比べると大変短く、
店頭でお手にとって驚くお客様もいらっしゃるかと存じます。

また、このような商品は不便だと感じられる方もいらっしゃるかと存じます。
その「利便性」においてご不便をおかけしております。

現在ドライフードの包装内には窒素ガスを充填し、開封後の劣化を極力抑えるよう、
密閉再現性の高いスライド式のチャック(スライドライト)を採用(800g商品)するなど、
扱いやすさや保存性にも配慮し、美味しさとともに安心してお使いいただけるよう努力を続けております。
(一部の商品はまだチャック無しのアルミパックとなっております。)


これ以上ない、わかりやすく、確固とした「安全性」を目指して

弊社では商品の安全性について、お客様に対し「わかりやすく、かつ確固なもの」とするため、
第3者機関に審査をお願いし安全性の追求をしています。

そのひとつとして、ACO(Australian Certified Organic オーストラリアのオーガニック認定機関)による、
「認定オーガニック」の保証があります。

認定機関が定期的あるいは不定期に検査に入り、その審査結果で認定が毎年更新される仕組みになっています。
オーストラリアにおいては日本企業が日本の消費者のために取得した最初のペットフードのオーガニック認定です。
(ウィステリアアダルトとエバーラスティングシニアが該当します。
グレヴィレア・アダルトとワトルキャットは魚を使用しているため認定ではありません)

この「認定オーガニック」は単にオーガニック認定された材料を使用してペットフードを作ったということではなく、
出来上がったペットフードをさらに検査をして完成品がオーガニックであることを確認しているということであり、
焼き上がりのフードの「素材はもとより添加物の有無に対する安全性」がチェックされているといえます。

さらに、パック後輸入され愛犬・愛猫の口に入るまでの「酸化やカビに対する安全性」も、
未開封の商品、開封してお客様が使われている状態を想定した商品など、
月を追ってまたは条件を変えて第三者機関での検査をしております。


何を優先すべきなのか。次世代の犬猫たちのために…

このように「安全性」・「新鮮なおいしさ」・「利便性」のバランスを目指しながらも、
アーガイルディッシュでは「安全性」と「新鮮なおいしさ」を優先した結果、
「利便性」に関与する賞味期限(おいしく食べられる期限)を短くしております。

もともとドライフードとは何十年もの間、「利便性を兼ねた保存食」の観点から作られてきたフードではありますが、
現在私達と同様に新鮮な野菜、肉、魚などを食べさせたいという考えのお客様が多い中、
ベースとなる総合栄養食としてやはり安全性やおいしさを兼ねたドライフードをご提供したいとの考えで、
あえておいしく食べて欲しい期限を賞味期限に設定致しました。
このように従来のドライフードに対する考え方とは大きく異なった性格の商品であるとご理解いただきたく存じます。

以上のような理由から、賞味期限については下記をご覧いただき、
ご理解とご協力をいただきますようお願い申し上げます。

・アーガイルディッシュホームページ上に現在出荷商品の賞味期限を掲載いたします。
 こちらのページでご確認いただけます。↓
 http://www.argyledishes.com.au/賞味期限について/賞味期限一覧/
 賞味期限が残り1ヶ月でも十分美味しく食べていただけます。

・日本の農家様のご苦労と同様にオーストラリアにおいても、
 オーガニック野菜や肉、穀物を作る農家様も大変努力をしていらっしゃいます。
 その実りをむだにせずに日本の愛犬・愛猫に食べて欲しいとの願いから年3-4回の限定生産をしております。
 (1回の生産量は極力少ない量にしてはおりますが手作りとは異なるため最低の生産量にも限りがあります)
 全国の皆様にまだまだ知られていない商品のため、
 期限の余裕をみて一部は信頼のおける動物保護団体様にご協力をいただき、
 処分をせずに、また欠品すること無く次回生産に入るよう努力をしております。

page top

キャスター&ポラックスについて






ペットワークスとブランドストーリー

キャスター&ポラックス/ペットワークスは、アメリカのオレゴン州、ポートランドを拠点として、
安全性とシンプルで必要性の高さにフォーカスした商材を作っているパウメイド(ハンドメイド)カンパニーです。
ブランドとしては15年以上継続しており、オレゴンを代表する実績のある会社です。

そして、キャスターとポラックスを紹介しなければなりません。
ブランドとしては、キャスターというミックスのイヌと、ポラックスという血統証付きのネコが、
ポートランドの収容所で出会うことから始まります。

キャスターがポラックスを収容所から救い出し、2人でダウンタウンの倉庫で暮らし始めます。
これは、ブランドロゴにもなっています。
そして自分たちにとっていいものを、自分たちが好きなものを作ろうとこのブランドを立ち上げました。



このキャスターとポラックスという名前には、もうひとつの意味があります。
ギリシャ神話では、ふたご座の1等星キャスターとポラックスは兄弟で、“永遠の絆”の意味があります。
この2つの星は実在します。

アメリカでキャスター&ポラックスの商材は、“ナチュラルフードストア”と呼ばれる、
オーガニックな食材や安全性のオープンにされた商品を販売する限定したスーパーマーケットで主に取り扱われ、
シャンプーやトイ、フードなど、本当の実力のある商材を網羅した、すばらしいブランドです。

page top



ワンランク上の健康を目指した本物のオーガニック

キャスター&ポラックス オーガニクスは、
USDA(アメリカ農務省)の認定を受けたオーガニック素材を70%以上使用しています。
これは2002年に決まった法案で、1%でも70%でもオーガニックはオーガニックという矛盾を解消し、
70%というひとつのラインを設定したので、オーガニックの内容がより明確になりました。

一方でなぜ70%なのかということに触れなければなりません。
ただオーガニックの比率を上げる為であれば、現存するオーガニック素材を集めればそれでいいでしょう。

そういうフードも実在します。
本当の良いご飯を作るために、今ある素材の中で、
可能な限り上を目指した結果として70%というラインに落ち着いたということです。

もちろんこれから更にオーガニック比率の高いフードも作ることになるでしょう。
代わりの素材を採用すれば、目指している内容が下がってしまうので、良い原料をセレクトした結果と言えます。
クッキーや缶詰では95%以上の高い水準で有機素材を使用していることからも理解頂けると思います。

オーガニックとは、《有機》という意味です。
有機栽培・有機飼育とは、農薬や抗生物質などを出来るだけ使用しないで、
ありのままの環境で、チキンや穀物を生産することです。

page top



OCIAが認定したオーガニック素材を70%以上使用
USDA(米国農務省)の下部組織OCIAが認定する肉、穀物を採用した画期的なオーガニックフードです。
有機鶏肉は与えられる水や飼料も検査され、
有機穀物は土壌や水源もチェックされた、イメージだけではない本物のオーガニックフードです。


究極のアミノ酸バランス
タンパク質は胃でアミノ酸に分解されます。
アミノ酸のバランスが悪いと、せっかくの栄養をうまく吸収できないので、
最高の素材を最適なバランスで 配合しま した。
アミノ酸を中心に、栄養のバランスが悪いと肥満の原因にもなります。
それゆえに、鶏肉、エンドウ豆、大麦、サーモン、 玄米、亜麻仁と、
様々なタンパク源をミックスしたオーガニクスは最高のバランスを実現しているといえます。


合成添加物無添加
合成添加物(合成保存料、着色料、香料等)は一切使用していません。
アメリカと日本の公的な基準に基づき、BHA、BHT、エトキシキン 未使用です。
ドライフードの酸化を抑えるために脂肪はトコフェロール・ローズマリー・クエン酸で保存しています。
日本の倉庫に入庫し、出荷の2日前までは10個単位でビニールシュリンクされているので、異物の混入も防げます。
大切 なフードの酸化チェックは、日本国内に新しい商品が入る都度に、実際に給与するテスト方法を採用しています。

page top



●有機鶏肉
猫は元々肉食なので高タンパクの鶏肉は大好物です。
アミノ酸バランスの観点からみても、鶏肉のバランスは肉類の中でも最高です。
ベストなタンパク源といえます。

●有機エンドウ豆
8000年以上も前からヒトも動物もお世話になっているメジャーな穀物です。
シスチン、リジン、アルギニンなどのアミノ酸を豊富に含む良質なタンパク源です。
また、利尿作用があることから、尿路結石などが心配な場合にもお薦めです。
さらに豊富に含まれるビタミンB群が、タンパク質、脂肪の燃焼を助け、
滋養 そして新陳代謝の中心となる酵素の一部として役立ちます。

●有機大豆ミール
アレルギーを心配される場合もあるかと思います。
大豆に対してのアレルギーがなければ大豆は優れた素材です。
大豆タンパク質は血液サラサラ効果、大豆イソフラボンは肥満に効果を示し、太りやすい体質の改善を促します。
大豆レシチンは脂肪の燃焼を促進!大豆サポニ ンは活性酸素の排除に高い効果があります。

●有機大麦
欧米ではスープやサラダに入れて食べる大麦も、日本ではなじみが薄い食材かもしれません。
しかし大麦とカラス麦以外の穀物には、殆ど存在しない水溶性食物 繊維を含む素晴らしい食材です。
肥満の抑制や便の安定化にも役だっています。

●有機玄米
精白米と比較して、特にビタミンB群、Eなどが豊富で、ビタミンB1は4倍以上、
その他のビタミン、ミネラルも平均2倍以上と非常に優秀な食材です。
豊富 に含まれる食物繊維が腸内の善玉菌を増やし、ガンの抑制効果も期待できます。

●有機亜麻仁ミール
リグナンという対ガン効果物質を通常の穀物の100倍含みます。
皮膚、被毛のトラブルに関係するオメガ3とオメガ6のバランスは最高の水準で、
皮膚・被 毛の乾燥や湿疹を沈静する効果をもたらします。

page top

アニモンダについて






アニモンダは、ドイツ有数の食品メーカー「ストックマイやーグループ」

「アニモンダ」は、サラミ・ハム・ソーセージなどの食肉加工製品を製造・販売する、
ドイツ有数の食品メーカー「ストックマイヤー社」(1913年設立)の子会社です。

「ストックマイヤー社」が、100年もの長きにわたり培ってきた、肉類の加工処理・保存処理に関する、
経験とノウハウを生かし、高品質な栄養食品としてもペットフードを製造しています。

1991年の創設以来、品質や自然食品に対する追求、そして、製造メーカーとしての公正・適正であることの追求、
さらに、栄養生理学的な観点からの犬・猫に必要な栄養素の基礎研究に心血を注いでおります。

「アニモンダ社」は、「動物は家族の一員である」という理念のもと、
「犬・猫が喜ぶ姿や飼い主の皆さまの喜ぶ姿がアニモンダ社の喜びでもある」という思いで製品作りをしています。

また、「ストックマイヤーグループ」としては、会社貢献をグループ企業の重要なテーマとして考え、
文化的イベントやスポーツクラブなどのスポンサー活動にも積極的に取り組んでいます。

page top



原材料の厳しい安全基準

アニモンダ商品の原材料は、健康に問題なく食用に適している動物の肉を用い、
次の基準を満たすものだけが使われています。

・人間用と同じ食材を使用しています。
・BSEの全頭検査をしています。
・遺伝子操作をしていない材料を使用しています。
・危険度の高い材料は一切使用していません。



「鮮度の良い肉」=「味と消化のよさ」へのこだわり

ウェットフードの肉をできるだけ鮮度の良い状態で加工しているので、次のようなメリットがあります。

・本来もつ香と味をそのまま使えます。
・肉の組織を維持できます。
・悪臭や味の悪化がないので人工香料は不要。
・鮮度の良い生の肉は見た目が最もきれいです。



不要な添加物なし

健康を第一に考えた高品質なフード。
原材料や添加物に関する基準は次の通りです。

・砂糖・塩などの調味料は使用していません。
・人工の保存料は使用していません。
・人工着色料は使用していません。



卓越した肉量の多さ

アニモンダのウェットフードは、肉の混合割合が圧倒的に高いという特長があります。

page top



●主原料は高品質なものだけを選び、低品質な部位は使っていません





●人間用の食材に使う良質な食材を使っています





●肉質のよいウェットフードは消化吸収に優れています



page top



品質管理基準



●QUISSTO
ドイツ有数の食品会社であり親会社のストックマイヤー社の管理基準 QUISSTOを採用しています。

●DIN EN ISO14001
1996年10月より、国際規格である環境管理システム基準DIN ENISO14001を取得しています。

●HACCP
衛生管理手法のひとつ、HACCP(Hazard Analysis Critical Control Points)の認証を取得し採用しています。

また、定期的に社内・社外の検査を実施しています。


品質・安心・安全の証明書

アニモンダは次の品質基準を達成しています。

●IFS(International Food Standard)
2002年3月にドイツとフランスの小売業者が中心となって完成した規格。
ドイツ最大の流通グループであるメトロ・グループや大手チェーンスーパー「ガイザーズ」などは、
納入業者に対して、このIFS規格を求めるほどに大切な基準です。

●BRC(British Retail Consortium)
イギリスの小売業者が共同で設立した独立機関の規格。
イギリスでは、大手スーパー及び食品会社が食品販売を行うためにはこの認定が必要で、
イギリスにおいては絶大な信頼を有します。



page top



Q1)アニモンダのフードは総合栄養食ですか?
アメリカ製のペットフードとは違いドイツ製ペットフードに総合栄養食という概念はありません。
アメリカ製のペットフードは「同じものを食べさせ続ける」ということを前提にしているものが多いため、
総合栄養食という認定が必要なのでしょうが、
ドイツ製ペットフードは、「いろんなものを食餌として与える」ということを前提に作られていますので、
そもそも総合栄養食という概念がありません。
いろいろな食材を食べさせてこそペットは幸せかつ健康でいられるという考え方に基づいています。

Q2)アニモンダの商品は無添加でしょうか?
人工的な保存料、香料、着色料は一切使用していません。
また、遺伝子組み換え食物なども一切使用していません。

Q3)アニモンダ社製品の狂牛病対策は大丈夫でしょうか?
アニモンダ社は人間用の食肉卸業者、ストックマイヤー社の子会社です。
その為、アニモンダの製品の肉は、人間用の食材のみを使用しています。
英国から輸入された牛肉や死亡した牛、病気の牛、人間用には卸さない食材は一切使用していません。
もちろん、厳しい検査を受けていますので、狂牛病対策も万全です。
生産国ドイツから輸出するさいにも厳しい検査があり、クリアしないと輸出できなくなっています。

Q4)ドイツでのペットフードの原料についての規定内容とは?
ペットフード製造に使用する生の動物性材料、植物性材料、添加物ほか、全ての材料について、
「人間の消費に適合するものでなければいけない」と法律(EU1774/2002)で規定されています。

Q5)ウェットフードを推奨し、種類が多い理由とは?
犬も猫も、もともとは肉食動物です。
肉を消化する上では、ウェットフードからの栄養摂取は、ドライフードからの栄養摂取より有利さがあります。

Q6))メニューがたくさんあって、どれを選んでよいかわかりません。
まずは、アレルギーの有無、そして内容量から選ぶとよいでしょう。
また、お肉だけのもの、野菜や炭水化物の混ざっているもの、お肉のコンビネーションもいろいろとあるので、
その子に合うものを選んであげてください。
毎日同じメニューは栄養が偏り、飽きもきますので、時々、メニューを変えてみてはいかがでしょうか。

page top

C&R(旧S.G.J.プロダクツ)について





 S.G.J.プロダクツから重要なお知らせ (2016.07.27)










最適な栄養素を与えられるよう個体に合わせたフードとサプリメントの組み合わせが可能です

【真の意味での安心、本当に大切なこととはなにか】
C & Rでは、自然食であるということを大前提として製品作りを行っており、
それは原材料の仕入れの段階から始まります。

また、オーストラリアの食品用肉のみを調達しております。
ホルモン剤、抗生物質の投与がされておりません。
与えられる畜産用飼料も化学合成添加物がなく、
地元で栽培された遺伝子組み換えではない大麦や小麦を用いています。

こうした人間用食品基準をクリアした保存料の添加のない原材料のみを使い、
それをオーガニック認定工場でペットフードの形態にし、すぐに日本へと送られます。

日本到着後、人間、犬、猫による毎ロットごとの実食、定期的な分析にてクオリティーチェックをします。
そして全てのフードを粒ごとのチェックが出来る状態でコンベアーに流し、
ばらつきがないかを調べ自動計量されます。

その後鮮度を保つために、日本製の特別な樹脂でつくられた多層構造フィルムを使用し、
人間用の食品包装機械を転用した不活性ガス充填パッケージングを行います。
それらを全て金属探知機により検査し、
最終確認を兼ねて一つ一つ手作業にて遮光も兼ねた商品パッケージにて包装されます。

こうしてBSE未発生国であり、安全な食料を生産することにおいて他国の追従を許さないオーストラリア。
そして品質管理の繊細さ正確さにおいて世界トップレベルの技術力を誇る日本が理想的な形で融合した結果、
揺るぎ無い理念に基づくフード、化学合成物質無添加で自然食であるのはもちろんのこと、
全ての原材料を自信をもって表示しその原産国を開示できる製品群が完成いたしました。

私たちは、実際にどのようなものをどのように使っているのか、
そのすべてが明らかにされることによりはじめて心から安心して与えることが出来ると考えるからです。




page top



安心と信頼をお届けするために、これまでもこれからも努力を惜しみません

【食の安全性を追求するために】

生産国はもとより生産者までもがはっきりとした確かな品質の原材料の確保、
使用に積極的に取り組んでまいります。

それは、残留農薬のない農産物、ホルモン剤や抗生物質の投与が行われていない畜産物を意味します。
そして化学合成添加物を使用しないのはもちろんの事、製造工場レベルでもそれらの物質を一切保管しておりません。
その結果、製造段階での予期せぬ化学合成添加物の混入も完全に排除することに成功いたしました。

そして製造段階と日本国内での金属探知機による検査、
日本国内での全品検査および高耐候性パッケージへの変更などを経てみなさまのお手元に届けられます。


   化学合成添加物、原産国不明の原材料の使用、またそれらを使用する工場への発注を避ける為
   SOLID GOLD Health Products for Pets社との提携を終了し、
   日本オリジナルの製造・発売元としてS.G.Jプロダクツ株式会社が設立されました。

   2016年6月、S.G.Jプロダクツ株式会社取り扱いのすべての製品が、
   LINNA商会から新ブランド【C & R】として販売されることになりました。
   (ブランドコンセプト、原材料、成分、給与量、サイズ、価格等の変更はございません。)




page top



C & Rでは化学物質や合成添加物を一切使用せず食品基準もクリアしている材料のみを使用

●肉類
タンパク質は筋肉や血液・骨など、身体を作る重要な成分のひとつです。
C & Rでは、食品グレードの肉のみを使い、優れたタンパク質を供給します。
また、肉類はすべて農畜産品の安全性と管理基準において信頼性の高いオーストラリア産を使用しております。
オーストラリアでは1960年代より行われているトレーサビリティなどにより、
牛海綿状脳症(BSE)など家畜のおもな疫病が発生していない国として国際的に認知されています。
また、ホルモン剤、成長促進剤、抗生物質といった薬品を一切使用しておりません

●魚介類
良質なタンパク質の他にも各種栄養がバランス良く含まれています。
さらに海藻類にはビタミン・ミネラルが豊富に含まれています。

●穀類
健康な生活に欠かすことのできないエネルギーを与えてくれる栄養素です。
脳や身体のエネルギー源となります。

●野菜
ビタミンやミネラル・食物繊維などの重要な供給源です。

●ハーブ
ハーブは抗菌、消炎、リフレッシュ効果などがあり、利用方法も様々です。

●フルーツ
果物は身体にとって重要な栄養素であるビタミン・ミネラルなどを豊富に含んでいます。

●ビタミン&ミネラル
ミネラルとビタミンはお互いが組み合わさり、身体の健康を保ちます。




page top

ペットボタニックスについて






ペットボタニックスはハーブを主体としたオールナチュラル・ブランド
安心・安全で高品質な製品が多くの国々にて愛用され高い評価を得ています


ペットボタニックは、開発力や品質の確かさに高い評価を受けているアメリカの企業、
カーディナルラボラトリー社のトップブランドです。

1948年にアメリカ/ロサンゼルスに研究所・工場を構え設立されました。
獣医の医薬品の開発を中心に行っていますが、
医薬品により近いハーブを使ったオールナチュラル製品でスキンセラピーケア用品を研究・開発を行い、
現在注目を浴びています。

またスキンケア商品は、ローズマリーやラベンダー、ユーカリ、メグサハッカ、スギナなどの、
ハーブ類がブレンドされた香り豊かな犬猫兼用ケアシリーズ。
優しい香りが愛犬をリラックスへと導きます。

page top



ペットボタニックス社はすべてナチュラルな製品を提供いたします

【品質】
常い質の高い原料を使用しています。

【不変性】
製造過程に高い基準を設けています。

【安全性】
製品の安全性に妥協はしません。

page top

NinnaNanna Delicaについて






RAW FOOD派 御用達♪デリカの副食材とは・・・

ニンナナンナ デリカでは・・・
経験や食材調査から「より安全な食材を、より食べやすく」を基本に、
チョッピリ頑固なお口にも、ほんの一口のゴハンにも対応できるラインナップをご用意しております。

ニンナナンナ デリカのロゴのナイフ・フォーク・スプーンは、
健康維持の根幹であるホメオスターシスの「免疫」「内分泌」「神経」を意味し、
食を通じて多くの子達がより幸せであるように・・・という、私たちの願いが込められています。

page top



手作り応援!補助食材!!

手作りゴハンにありがちな 『あと少し欲しい!』 『足らない分だけプラスしたい!!』を、
必要な栄養素ごとの単体で足し算できるアイテムばかりを揃えました。

本来、生の食材から摂取すべき栄養群を、他の原材料を一切含まずに、
手作りゴハンにも扱いやすい微粉末や液体の形でお届けします。
おなじみの名前が並びますが、それぞれの商品ページで【違い】を感じていただければ幸いです。

明日葉(アシタバ)
葉物野菜の中で最も力を持つ明日葉は欲しいビタミン&ミネラルをしっかりカバーしてくれます。
有機JAS

大麦若葉
苦手が多い葉物野菜でも癖が無く、栄養価も豊富で、飼料やサプリメント材料としも有名です。
有機JAS

無臭ニンニク
栄養価も香りも納得の逸品!心配事がある子達からニンニクが苦手なシッポゼロをめざして!

生食(センシク)
消化が良いため、47種類の豊富な原材料がユルユルウンチさえも食い止めます。

ローヤルゼリー粉末
いつものローヤルゼリーの記憶は全て棄てて必ず初乳の風味をイメージしてお読み下さい。

がごめ昆布
強力な粘膜保護を食材として、またフコイダンでピン!と来た方は必見、おなかの見方です。

使えるおかゆ
希少な天然麹と有機JAS米を利用した甘酒です。アミラーゼで糖化された力価をどうぞ。

液体酵素/発酵野菜
生きたままの有用菌と酵素群を目一杯おなかに届けます。
フルーツザイムと併用可能

脂肪酸オイル
酸化しているオイルを使い続けていませんか?
使えるオメガ3の姿を覗いて見てくださいね。

ヒメマス/ワカサギ
安全なお魚を探していらっしゃる方に、乾燥タイプなのでおやつにもどうぞ。

page top

ハッピーキャットについて






愛猫家の皆様へ

私たち家族は三代にわたり、ドイツのバイエルン州で良質なペットフードを作り続けてきました。
ペットの健康のためのフードにこだわっているうちに、
自分たちでレシピを考案するようになったのがきっかけです。

ハッピーキャットの特長は、厳選したナチュラルな食材を使い、その組み合わせに工夫を凝らしていることです。
食材は地元の契約農家から直接仕入れているため、産地もはっきりしていて、
トレーサビリティの面からも安心です。
タンパク質は良質なものだけを、ハーブ、果物と組み合わせて使用しています。

ハッピーキャットはドイツ製の最高品質を誇るキャットフードです。
安心してあなたの愛猫にあげてください。
製品には安心の証として私の署名を入れております。



ジョージ・ミュラー
ハッピーキャット・オーナー兼最高責任者

page top



品質と信頼の歴史

ハッピーキャット、ハッピードッグの製造元Interquell社の歴史は1765年に遡ります。
ドイツのバイエルン州でミュラー家が製粉所を開業したのが始まりです。

1950年代、技術革新により機械加工シリアルの生産が始まると、
シリアルとドライミートを合わせて最初の犬用ドライフードの製造に着手しました。
そして1968年、トウモロコシフレークとドライミートによる消化吸収性に優れたドッグフード、
「ハッピードッグ」が誕生しました。

その後も最新の栄養学的知見に基づいたレシピの改良や原材料の見直しを続け、
常に品質向上に努めた結果、2009年にはハッピードッグが、
ドイツのペットショップにおける犬用ドライフード部門で売上第2位を確立するまでに至りました。
(ドイツ製では第1位)

今やハッピーキャット、ハッピードッグの人気はドイツ国内にとどまらず、
ヨーロッパ、アジア、アフリカ、南アメリカの多くの国々で愛されています。

そして2013年、遂に日本でもハッピーキャット、ハッピードッグをお求め頂けるようになりました。
製品は全てドイツ、バイエルン州のベーリンゲンで製造しています。




page top



こだわりの最高品質をお約束します

食の安全性が問われる今日、「信頼」が私たちの最重要課題です。
私たちは、あなたの大切な家族の健康と幸せを第一に考えます。

ペット栄養学の専門家集団である私たちが、責任を持って、
安心安全な「ドイツ製」無添加ナチュラルペットフードをお届けします。

ハッピーキャットなら安心です

・ハッピーキャット製品はすべて、ドイツ、バイエルン州ベーリンゲンで生産しています。

・愛猫が本来必要とするエネルギー量に合わせたフード作りを心がけています。

・エネルギー含有量は控えめに、栄養過多やそれにより引き起こされる問題に配慮しています。

・新鮮で健康的な動物性タンパク質を基本に、高品質な人間食用の食材を、
 ペット栄養学に基づきバランスよく配合しています。

・化学合成された、着色料、香料、保存料は一切使用していません。

・ハッピーキャット・ライフプラスコンセプトRで全身の健康維持をサポートします。

・厳選したナチュラル食材を使用し、愛猫のあらゆるニーズに多彩なレシピでお応えします。

・遺伝子組換え作物は一切使用せず、可能な限り地元農家から新鮮で安全な食材を直接仕入れています。

・最高品質を維持するために、内部および外部において、絶えず厳しい分析、検査を実施しています。
 (HACCP採用、IFS認証取得)

・動物実験は行っていません。

page top



健康な身体の基礎づくり

変化に富んでバランスのとれた食事は人間だけに必要なものではありません。
グルメな愛猫を満足させ、健康維持をはかるためにもとても重要なのです。

ハッピーキャットは、自然界の知恵をお手本に厳選した食材を使った美味しいフードで、
愛猫の健康な代謝をサポートします。

ハッピーキャット・ライフプラスコンセプトRとは、厳選したナチュラルな食材を使い、
愛猫がさまざまな栄養素を効果的に取り入れられるように組み合わせるという考え方です。

有効な栄養成分が愛猫の代謝を活発にし、健康な消化を維持します。
優れた栄養バランスで健康が維持され、免疫機構を健全に保ち、
皮膚や被毛を健康で艶やかに保つなど、全身に効果があります。



page top

ヤラーについて






世界で初めてオーガニックペットフードをヨーロッパに導入、ナンバー1シェアを誇ります。
オーガニックペッ トフードとして、
1991年よりオーガニック認証団体Skal(スカール)の認証を受けています。
工場はHACCPに も適応しております。
ヤラーは環境と健康に配慮しており、自然の恵みを自然なままにペットの食餌にしました。
可能な限り自然に育て上げた原料を使用し、これまでのオーガニックの技術を駆使して、
可能な限り原料本来のうまみを引き出すように作り上げました。
ヤラーは日常の食生活から動物本来の健康や、
病気への抵抗力を身につけて欲しいと思って作られている ペットフードです。
無香料、無着色になっておりますので安心してペットに与えていただけます。


 ◆ 他社とのペットフードの違い **

  真の安心・安全が保証されています。
    1:原料の育て方が違います。
    2:EUの法律に則ったオーガニック認証を全商品取得済み。
    3:100%オーガニック(一部商品のぞく)認証を受けています。
    4:原料だけでなく商品についても認証を受けています。
    5:生産・加工まで公的機関の保証があります。
    6:生産者の顔が見える。(いつ?どこで?誰が?作ったかを追跡出来ます。)
    7:これら取り組みが地球環境保全につながります。



page top



 ◆動物福祉〔アニマルウェルフェア〕

  動物福祉あるいはその欠落は、社会の中で常に論点であり注目点の的となっています。
  動物福祉に影響するような集約的方法での飼育はもはや認められません。
  動物実験の有効性・必要性もまた、ますます疑問視されています。


 ◆農場と福祉政策

  すべてのヤラー製品は、100%オーガニック原材料で作られています。
  有機農業で飼育される家畜は、従来の慣用農場のものと比べて、
  はるかに高いクオリティ・オブ・ライフ〔QOL=人生の質〕を維持しています。

  動物福祉は、ヤラー社の方針の中で常に重要視されています。


 ◆独立監査の品質システムにより、以下のことが保証されています。
   《出典: 有機認証機関『Skal』--EUの有機畜産規則》

  ・有機飼料で飼育する。
  ・畜舎内の十分な自然の換気や採光を維持する。
  ・家畜のゲージ飼育は禁止、畜舎内及び野外で十分に動き回れるスペース(放し飼い)を設ける。
  ・畜舎は、床は滑りやすくてはならず、格子構造としてはならない また、敷きわらで覆われていること。
  ・野外へのアクセスがいつも可能なこと 。
  ・放し飼い:屋外の運動場は草で覆われており、必要な場合は保護施設があること。
    例-鶏の場合、鶏舎外は少なくとも4/羽
  ・すべての家畜は群で飼育すること。
  ・くちばしの切断、除角などの処置は禁止。


 独立監査は、Skal(オランダ)や、
 Soil Association(イギリス)やKRAV(スウェーデン)などのような
 公的機関によって、厳しく管理・保証されています。


 ◆動物実験

  動物福祉と同様に、ヤラー社は、動物実験に関しても明確な厳しいポリシーをもっています。
  ヤラー社は、動物実験の実施または委託は行ないません。
  製品の嗜好性や製品反応に関する情報を得る目的でもこれを禁止しています。
  ヤラーはPETAによって認可されています。
  People for the Ethical Treatment of Animals (PETA)
       --www.peta.org.uk
       --www.peta.org


 ◆契約農家

  ヤラー社では、有機農家と直接、長期供給契約を結んでいます。
  有機農家の長期な生育能力を保証することで、品質の高い基準を確かなものとしています。



page top



  BUAV:British Union for the Abolition of Vivisection (英国動物実験廃止連盟)

  ヤラー社は、フード製造を第三機関で行っています。
  自社製品を生産する一定の能力を保つことが難しいためです。
  ヤラー社は、自社で有機原材料を世界中から購入し、各製造者に必要な原料を渡します。
  動物実験を実施、委託しないルートを通じそれらの原材料を購入します。

  BUAV(英国動物実験廃止連盟)への加入条件として、
  総合的な製造体系の中で全てのルートから、
  動物実験を実施および委託を行わない保証をえることを義務づけられています。

  しかしながら他社の製造工場で動物実験を行わない 及び 委託しない保証を得ることは不可能です。
  さらにそれ以外にも、オランダのペットフード製造会社の大部分は、
  NVG(ペット製品製造者によるオランダ組合)に加入しています。

  NVGは、いかなる保証も与えないようにと組合員に助言しています。
  これらの第三者契約のために、ヤラー社はBUAV証明書を受け取ることができていません。

  けれども、動物実験についての自社方針にもとづき、
  ヤラー社は各工場からのそれらの提示を懸命に努めています。

  BUAVにより、ヤラー製品、構成物、使用している原材料および会社経営を調査された場合、
  おそらくヤラー社の加入は問題ないでしょう。



page top

プレイアーデンについて


プレイアーデン BN

プレイアーデン


プレイアーデン


 世界有数のペット先進国と称される、ドイツ。
 その国で300年以上の歴史をもつペットフードメーカーと
 日本の共同開発によって、プレイアーデンは産まれました。

 脈々と受け継がれてきた美味しいペットフードづくりの伝統。
 最新の技術とテクノロジーが、ラグジュアリーな品質を
 最大限に引き出します。

 さらに、日本の愛犬・愛猫たちの健康を想い、
 フードレシピの一つひとつを日本向けにカスタマイズ。

 伝統と最上の食材を知るプレイアーデンだからこそ実現できた、
 今までにない贅沢をご堪能ください。


プレイアーデン



プレイアーデン


プレイアーデン


 プレイアーデンは、
 原材料の一つひとつに厳選された高品質のオーガニック食材を
 惜しみなく使用しています。

 それは大自然にはぐくまれた天然成分が、愛犬や
 愛猫たちを本能的に満足させてくれると知っているから。

 彼らに喜びをもたらすだけでなく、
 オーナーのペットライフそのものに大きな感動を届けたい。
 それが、プレイアーデンの願いです。



プレイアーデン



ドイツ・アッパーバイエルン州。
広大で豊潤な大地、
さわやかな風が吹く太陽の恵み豊かな農場で、
プレイアーデンはつくられています。

私たちの歴史が幕を開けたのは今から300年以上も昔。
馬の飼料づくりから始まったその伝統は、
代々の生産者たちの手を通して引き継がれ、
時代とともに技術革新を遂げてきました。
300年以上の伝統は、
言い換えれば安全でおいしいペットフードであると
認められ続けた証でもあります。


プレイアーデン


プレイアーデン

プレイアーデン





 プレイアーデンは、
 ドイツの豊かな自然がはぐくんだ100%有機食材と、
 ヒューマングレードの安心食材のみを厳選しています。

 ペットの健康をそこなう農薬、化学肥料、保存料、
 抗生物質などはいっさい含んでいません。

 穀物や野菜がオーガニックなのはもちろん、
 牛や鶏などの食肉もまた、有機栽培の飼料によって
 育てられた精肉だけを贅沢に使用しているのです。



プレイアーデン




Bioとは、その食品が
「すべて100%有機の原材料を使用している」という印です。

特にここドイツの審査基準は世界で最も厳しく、
原材料がオーガニックであるのはもちろん、
3年以上農薬を使っていない自然農場での生産でなければ、
Bioとは認められません。

徹底した生産管理のもとで製造されるプレイアーデンは、
何度も実施されるBio審査を毎年合格。

100%有機の安心・安全なペットフードとして証明されています。


プレイアーデン

【Bio】商品の規格基準
    下記はドイツにおける「Bio」商品の規格基準について一部抜粋したものです。


野菜


 ●農薬や化学肥料を使用しないこと。
 ●3年間、基準を満たした土で栽培していること。
 ●遺伝子組み換え技術を使用していないこと。





肉・卵


 ●家禽は狭い折に入れず、なるべく自然に近い状態で育てること。
  飼育面積1haにつき、ニワトリや七面鳥などの取り類は580羽まで、
  牛や豚は14頭までしか飼育してはならない規定があります。
 ●ホルモン強化剤、肥食用補助剤、予防抗生物質等の人工的な注入物を
  使用しないこと。
 ●与える餌も農薬・化学肥料等を使わずに栽培し、
  有機栽培によって生産されたものを使用すること。
 ●放牧飼育されている場合、家禽の放牧場もBioの認定を受けていること。



加工品


 ●Bioの環境で育てられた農作物・素材を使用すること。
 ●合成添加物・化学薬品・加工補助剤を使用せずに加工すること
  保存料や着色料も使用しないこと。




プレイアーデン


プレイアーデン


 ビタミン、ミネラル、微量元素、
 植物性化合物などの貴重な栄養素を
 有機的に織りまぜたペットフードであることも
 プレイアーデンの魅力です。

 キクイモから得られるプレバイオティクスは
 愛犬・愛猫の消化力と免疫力を向上。

 アレルギーに敏感なペットも安心して食べられるよう、
 グルテンフリーの原材料をベースにしたレシピも
 ご用意しています。



プレイアーデン





 ギリシャ神話に登場する 7人の女神“プレイアデス”の物語に
 由来する「プレイアーデン」は、ドイツ語とギリシャ語を
 かけあわせた私たち独自の言葉です。

 これまで歩んできたドイツの歴史に
 新たなオリジナリティを加えた、絶え間ない技術革新のテーマを
 表現しています。


プレイアーデン



プレイアーデン


 2016年 初めて目にされる方が殆どのプレイアーデン^^;

 特にキャットフードはNinnaNannaがインターネット販売1号店なのです♪

 生意気ですが・・・
 「ご紹介できるショップは NinnaNanna の他にないでしょう!」
     と、お伝えしたいくらいにピッタリ☆なご縁なのです。

    ◆世界中で最も厳しいドイツのBio認証を得ている品質
    ◆動物愛護に意識の高いメーカーさんであること
    ◆メーカーさんと輸入元さんとの共同開発であること
    ◆製品至上主義に拘らないミックスフーディングへの柔軟性
    ◆個体差重視の食生活が重要であること
    ◆face to face販売へのこだわり
    ◆などなど

 最上級グレードの品質とともに、
 予定されていなかったネコさん用プレイアーデンのインターネット販売を
 実現してしまったNinnaNanna流” をぜひご堪能ください。





アルモネイチャーについて






アルモネイチャーは、
世界で一番最初に100%ナチュラルフード(人工的な添加物や香料、保存料を含まないフード、
更に人間が食しても良いグレードのフード)を作った会社です。


現在、イタリア本社を拠点に、スイス、ドイツ、イギリス、カナダとすでに世界30ヶ国以上の国で
製品を取り扱っており、今ではヨーロッパで大変ポピュラーなプレミアフードとして成長し、
ヨーロッパでは誰もが知る老舗のナチュラルペットフードブランドとなっています。






全ての動物は、自然界では生の形で食餌をとってきました。
何千年もの間、猫の餌(捕獲)は、ハツカネズミ、小齧歯類、および鳥でした。

そうした食餌には70-80%の含水率があり、これが自然界で自然にとれていた食餌の形です。


  アルモネイチャーでは
  自然に近い食餌を再現するべく、
  犬・猫の健康と栄養バランスを考え、
  毎日の食事を60%をウエットフード、
  40%ドライフード の割合で用意することを
  推奨しています。






アルモネイチャーは、Pier Giovanni Capellonoがペットフード産業における経験をもとに、
2000年にイタリアに設立した会社です。

世界で一番最初に、100%ナチュラルフードを作った会社として、
動物の立場からみたフードを製造・販売してきました。

そしてアルモネイチャーはイタリアを拠点にスイス、ドイツ、イギリス、カナダを拠点とし、
世界30ヶ国以上の国で製品を取り扱っております。

米国等よりも品質チェックが厳しいイタリアの基準をベースに、
ヨーロッパ等におけるトレードショーではお馴染みとなり、
犬や猫の健康を毎日の食事からサポートするために日々活動を続けています。

しかしながら原点は、『なぜ犬や猫の病気に尿疾患が多いのか?』
その原因が、変化しているペットの食事にあることをお知らせしています。



昔も今も・・・、
本来自然界でとれていた食餌(捕獲)は、ハツカネズミ、小齧歯類、および鳥です。
そうした食餌には70-80%の含水率があり、これが自然界で自然にとれていた食餌の形です。

しかしドライフードに偏ることで、犬・猫は本能的に水分をたくさんとる習慣がなく、
水分摂取の機会があまりにも少なくなりました。 その影響による臓器負担。

これをできる限り少なくして自然に近い食餌を再現使用とすると、
ドライフードとウエットフードを40%:60%の割合で併用する食事法にたどりつきます。

今ではヨーロッパ全土、カナダではポピュラーなフードとして成長し、
ヨーロッパのナチュラルフード・ウエットフード部門でNo.1になっています。

グレードの高い原材料で嗜好性の良いウエットフードと、
さらに新鮮なフレッシュミートをふんだんに活用するドライフードは、他にはない特徴をもっています。


      


結果、ペットの嗜好を確かなものにし、人気を不動のものにしています。
日本では、2012年より販売が開始されています。

また、アルモネイチャーでは、恵まれない犬や猫に対しての食物支援や
全販売の10%を寄贈活動にあてるなどのチャリティーにも取組んでいます。





■ イタリア人の感覚で選ぶ品質

世界中で一番美味しいもの好きの国・・・・イタリア☆

昼食は自宅に帰ってゆっくり食べたいくらいの食いしん坊さんたち。

ト〜〜ゼンながら「美味しくないモノはイヤ!」なのですね。

イタリアの人たちは化学合成された添加物、あるいは農薬や化学肥料といった化学物質で、
大切な食事が「美味しくなくなる」ことを、国民の誰もがフツーに知っているお国柄なのです。

こうした考え方は人の食事にだけではなく、
物言わぬ可愛い我が子に対してであればなおさらですから
世界中で一番始めにナチュラルフードが誕生したことも自然の流れです。

安全な食材を、食材本来の味を生かして、美味しく、楽しく食べたい・・これがイタリア流☆

このお国柄を踏まえると、イタリア製のキャットフードって
イタリア人ならではの職人気質が「品質を守ってくれている」と申し上げても過言ではありません。

お口が厳しいネコさんたちが「OK!!(^^)v」と言ってくれる理由の一つが、
イタリア人の感覚で選ぶ品質と申し上げて良いでしょう。




■ 栄養の考え方はヨーロッパスタイル

アメリカブランドの総合栄養食と比較すると、ヨーロッパブランドは原則として補助食です。

アルモネイチャーも同様で、ウェットもドライも補助食なのですね。

アメリカブランドが主流の頃は・・・・・、
総合栄養食が良いゴハンで、補助食は悪いゴハンと言われ続けてきました。

同じモノを生涯食べ続けることを推奨するアメリカブランドは、
人にとっても限りなく合理的なレシピを「総合栄養食」と名付け、これを根付かせたわけですが、
個体差を無視した「無理」は、病気と言う形で現実化することも。

一方で・・・・・
「色々な食材を美味しく食べて、バランスがとれたら良いよね〜〜。」のヨーロッパブランドは、
アメリカ流合理性に限界を感じていたシッポたちの敏感なお口にとって、
珠玉のゴハンとして受け入れられないはずはないのです。

不足する栄養でさえ足さない事で得られる素材本来の美味しさは、いわば自然そのもの・・ですし、
食材バリエーションの豊かさ=製品アイテムの豊富さは、
「選ぶ」という楽しさを私たちにも与えてくれます♪


ですが・・・・
ここで言う「選ぶ」とは、1点ごとの製品を「見極める目」を指すモノではありません。

 アメリカ流のお仕着せゴハンに慣れ親しんだ私たちは「自分で見極めること」にまだ慣れていません。
 栄養バランスは考えなくても良いはず・・と思ってしまうのですね、・・・・習慣として。
 成分値や原材料を読み込んで、そこに目の前の我が子の体調と過去の経験を重ね合わせて、
 結果をあれこれ想像する・・なんてことはしないで、

    喜んで食べるかどうか・・・・・だけを最優先にしてしまいがち><。

も、もちろん、食べてくれなくては先には進めないのですが、
お口任せはどのようなときでもリスクは高いものです。

ヨーロッパブランドのゴハンを選ぶ事において重要なことは、
栄養を考えながら、素材バリエーションをどう組み立てるか。
まさに人の食事と全く同じなのです。
厳しく言い換えると、栄養バランスはその製品を使う人の自己責任なのです。
本来、ヨーロッパの人たちにとってのヨーロッパブランドですから、
難しいことでは無く、これがごく当たり前なのですね。




■ 補助食+補助食=総合栄養食 ではありません!! 
    ・・・・・・ ごまかし禁止デス(*^_^*)

アルモネイチャー曰く・・・
「70-80%の含水率があり、これが自然界で自然にとれていた食餌の形です。」

これ・・・☆☆
アルモネイチャー だけではなく、フツーに考えれば当たり前ですよね(^^)v
天然の食材はどれもがほとんど水分なのですから。。

理想への近道なら、ゴハンは手作りorウェットを!と、お伝えする理由がここにあります。

ところが・・・・・
正しいことを伝えているアルモネイチャーであっても
「ドライフードとウエットフードを40%:60%の割合で併用する食事を推奨」という矛盾があるほどに、
『シッポたちに必要な品質と栄養バランス』 と 『私たちが採用できる食事』は、乖離してしまっています。
お手軽&無責任なドライフードなしには、人もシッポたちも立ちゆかなくなっているのです。(T-T)


一方・・・・・
アメリカ流 総合栄養食であっても、原材料や成分値をみれば、
驚くほどの差があることはすでにご存知ですね。

そうです、そうです・・・・!!
総合栄養食の概念が、ペットフードの本場アメリカ:AAFCOからすでに崩れて来ているのですね。
その上、加熱で損なわれる栄養があることは世界中共通です。

我が子に何を選ぶか・・・。
   得られる結果が選ぶ人の責任であることでは、アメリカ流でも同じ事なのです。


アメリカ流であっても、ヨーロッパ流であっても、これが現実・・・・><;
しかも、遠く日本で暮らす子たちの事情など、メーカーさんはこれぽっちも考えていません。


ヨーロッパもアメリカも・・・・
メーカーさんは、戸惑う私たちに折衷策として 補助食+補助食=総合栄養食 を提案しますが
折衷ですから「もどき」なわけで、「もどき」でしかありませんから、
不足栄養があるため優劣はつけられないのです。


どちらも不足栄養を補えてこそ、 個々の身体に合った良い食事 なのです♪




■ なぜ補わなくてはならないのか?

もちろん、・・・・・不足してるから  デス。


 たとえば、頻繁にお聞きするお声として・・・・・

  ・我が家の子はパテタイプのウェットが嫌いです。

  ・我が家の子はゴロッとお肉の塊が入っている方が好きです。

なぜパテになっているか?
 ・・・・栄養バランスの調整のために採用している嫌いな食材を
    食器の中で選り分けられないようにするため。
なぜ動物性タンパク源がゴロッとしているか?
 ・・・・好きなモノだけを食べて欲しいと願うから。

どちらも・・・・・ユーザーニーズです(*^_^*)

でも!!
お口が好む動物性タンパク源や脂肪源だけをジャンジャカ食べていれば・・・・・
ビタミンやミネラルの不足は当たり前のように生じてきます!!  キッパリ><


たとえば、動物性タンパク源の含有量が高い食事は、
 ・ウンチが黒くなる(タンパク質が消化される際に発生する有毒ガスの色)
 ・ウンチがクチャくなる(悪玉菌優位の腸環境)
 ・ウンチが硬くなる(ウンチも脱水している)
 ・下痢
 ・便秘
 ・口臭→口腔疾患

 こうした経緯を経て・・・・
 蛋白質アレルギーや泌尿器疾患、太りすぎ・・・さらには次の病気に繋がります。


動物性タンパク源優位のゴハンを安全に食べるには・・・・
 ・炭水化物
 ・食物繊維
 ・ビタミン
 ・ミネラル   などを、自宅で補わなくてはなりません。


ミックスフーディング 基本サプリメント


メーカーさんは ウェット60% + ドライ40% で良いと言っているのに 
    なぜ補うのか? ですよね(*^_^*)

答えはもちろん・・・・・一つです。

   どの子も20歳まで病気知らずで過ごさなければいけないから です。

   「この年齢なら、もう良いんじゃない?」と獣医さんに言われたくないから です。

   まあまあ・そこそこのネコ生を、我が子に望んでいるわけではありませんから、
   不足は不足として、正面から向き合わなくちゃ・・・デス。




■ ヨーロッパブランドのウェットフードの強み!

栄養バランスのリスクがあっても、同社の製品をご紹介する最大の理由は
「引き算に困らない」 「足し算だけで利用できる」 と言う強みです。

アルモネイチャーは単独食材へのこだわりが高いブランドのため
「この食材が入っているから使えないのよね。」と言うことが少ないのですね。

つまり、 ゴハンから抜きとりたい食材=引き算 に困らない のです。 

お気に入りの動物性タンパク源をチョイスしたら、あとは不足栄養を足すだけ♪なのです。

補充するための 安全な副食材は全てご用意可能です。ご安心ください。


あとは・・・・・・
   個体差に合わせた栄養のベストバランスを、
      貴方の愛情で探してアレンジするだけ☆

なんちゃって手作りゴハンの始まりです♪




■ 面倒だから・・・アメリカ流総合栄養食に戻りますか?

意図的に操作された「穀物否定説」やその逆説アピールとしか思えない「肉食獣の誇張」
あるいは 大幅にぶれのあるAAFCO基準値。

これだけ食べれば安心・・・・・・・・・なんて神話は、はるか10年前に壊れてるって><;



何よりも・・・・
  日本で暮らす子たちには、
    世界の常識 + 日本で暮らすための栄養学 が必要なのです。




可愛い我が子のためですもの♪
          何だって出来ちゃいます・・・・・・☆




 PM2.5に影響を受けているおなかは高タンパクや高脂肪が苦手です。
 アルモネイチャーの単一動物性食材は・・・
 大事なタンパク質量を確保しながら脂肪の引き算が手軽に出来ちゃいます。

 あとはミックスフーディングで栄養バランスの調整を行って、
 日々のゴハンで「負けない腸環境作り」をなさってくださいね。



ページトップへ