アルモネイチャーについて






アルモネイチャーは、
世界で一番最初に100%ナチュラルフード(人工的な添加物や香料、保存料を含まないフード、
更に人間が食しても良いグレードのフード)を作った会社です。


現在、イタリア本社を拠点に、スイス、ドイツ、イギリス、カナダとすでに世界30ヶ国以上の国で
製品を取り扱っており、今ではヨーロッパで大変ポピュラーなプレミアフードとして成長し、
ヨーロッパでは誰もが知る老舗のナチュラルペットフードブランドとなっています。






全ての動物は、自然界では生の形で食餌をとってきました。
何千年もの間、猫の餌(捕獲)は、ハツカネズミ、小齧歯類、および鳥でした。

そうした食餌には70-80%の含水率があり、これが自然界で自然にとれていた食餌の形です。


  アルモネイチャーでは
  自然に近い食餌を再現するべく、
  犬・猫の健康と栄養バランスを考え、
  毎日の食事を60%をウエットフード、
  40%ドライフード の割合で用意することを
  推奨しています。






アルモネイチャーは、Pier Giovanni Capellonoがペットフード産業における経験をもとに、
2000年にイタリアに設立した会社です。

世界で一番最初に、100%ナチュラルフードを作った会社として、
動物の立場からみたフードを製造・販売してきました。

そしてアルモネイチャーはイタリアを拠点にスイス、ドイツ、イギリス、カナダを拠点とし、
世界30ヶ国以上の国で製品を取り扱っております。

米国等よりも品質チェックが厳しいイタリアの基準をベースに、
ヨーロッパ等におけるトレードショーではお馴染みとなり、
犬や猫の健康を毎日の食事からサポートするために日々活動を続けています。

しかしながら原点は、『なぜ犬や猫の病気に尿疾患が多いのか?』
その原因が、変化しているペットの食事にあることをお知らせしています。



昔も今も・・・、
本来自然界でとれていた食餌(捕獲)は、ハツカネズミ、小齧歯類、および鳥です。
そうした食餌には70-80%の含水率があり、これが自然界で自然にとれていた食餌の形です。

しかしドライフードに偏ることで、犬・猫は本能的に水分をたくさんとる習慣がなく、
水分摂取の機会があまりにも少なくなりました。 その影響による臓器負担。

これをできる限り少なくして自然に近い食餌を再現使用とすると、
ドライフードとウエットフードを40%:60%の割合で併用する食事法にたどりつきます。

今ではヨーロッパ全土、カナダではポピュラーなフードとして成長し、
ヨーロッパのナチュラルフード・ウエットフード部門でNo.1になっています。

グレードの高い原材料で嗜好性の良いウエットフードと、
さらに新鮮なフレッシュミートをふんだんに活用するドライフードは、他にはない特徴をもっています。


      


結果、ペットの嗜好を確かなものにし、人気を不動のものにしています。
日本では、2012年より販売が開始されています。

また、アルモネイチャーでは、恵まれない犬や猫に対しての食物支援や
全販売の10%を寄贈活動にあてるなどのチャリティーにも取組んでいます。





■ イタリア人の感覚で選ぶ品質

世界中で一番美味しいもの好きの国・・・・イタリア☆

昼食は自宅に帰ってゆっくり食べたいくらいの食いしん坊さんたち。

ト〜〜ゼンながら「美味しくないモノはイヤ!」なのですね。

イタリアの人たちは化学合成された添加物、あるいは農薬や化学肥料といった化学物質で、
大切な食事が「美味しくなくなる」ことを、国民の誰もがフツーに知っているお国柄なのです。

こうした考え方は人の食事にだけではなく、
物言わぬ可愛い我が子に対してであればなおさらですから
世界中で一番始めにナチュラルフードが誕生したことも自然の流れです。

安全な食材を、食材本来の味を生かして、美味しく、楽しく食べたい・・これがイタリア流☆

このお国柄を踏まえると、イタリア製のキャットフードって
イタリア人ならではの職人気質が「品質を守ってくれている」と申し上げても過言ではありません。

お口が厳しいネコさんたちが「OK!!(^^)v」と言ってくれる理由の一つが、
イタリア人の感覚で選ぶ品質と申し上げて良いでしょう。




■ 栄養の考え方はヨーロッパスタイル

アメリカブランドの総合栄養食と比較すると、ヨーロッパブランドは原則として補助食です。

アルモネイチャーも同様で、ウェットもドライも補助食なのですね。

アメリカブランドが主流の頃は・・・・・、
総合栄養食が良いゴハンで、補助食は悪いゴハンと言われ続けてきました。

同じモノを生涯食べ続けることを推奨するアメリカブランドは、
人にとっても限りなく合理的なレシピを「総合栄養食」と名付け、これを根付かせたわけですが、
個体差を無視した「無理」は、病気と言う形で現実化することも。

一方で・・・・・
「色々な食材を美味しく食べて、バランスがとれたら良いよね〜〜。」のヨーロッパブランドは、
アメリカ流合理性に限界を感じていたシッポたちの敏感なお口にとって、
珠玉のゴハンとして受け入れられないはずはないのです。

不足する栄養でさえ足さない事で得られる素材本来の美味しさは、いわば自然そのもの・・ですし、
食材バリエーションの豊かさ=製品アイテムの豊富さは、
「選ぶ」という楽しさを私たちにも与えてくれます♪


ですが・・・・
ここで言う「選ぶ」とは、1点ごとの製品を「見極める目」を指すモノではありません。

 アメリカ流のお仕着せゴハンに慣れ親しんだ私たちは「自分で見極めること」にまだ慣れていません。
 栄養バランスは考えなくても良いはず・・と思ってしまうのですね、・・・・習慣として。
 成分値や原材料を読み込んで、そこに目の前の我が子の体調と過去の経験を重ね合わせて、
 結果をあれこれ想像する・・なんてことはしないで、

    喜んで食べるかどうか・・・・・だけを最優先にしてしまいがち><。

も、もちろん、食べてくれなくては先には進めないのですが、
お口任せはどのようなときでもリスクは高いものです。

ヨーロッパブランドのゴハンを選ぶ事において重要なことは、
栄養を考えながら、素材バリエーションをどう組み立てるか。
まさに人の食事と全く同じなのです。
厳しく言い換えると、栄養バランスはその製品を使う人の自己責任なのです。
本来、ヨーロッパの人たちにとってのヨーロッパブランドですから、
難しいことでは無く、これがごく当たり前なのですね。




■ 補助食+補助食=総合栄養食 ではありません!! 
    ・・・・・・ ごまかし禁止デス(*^_^*)

アルモネイチャー曰く・・・
「70-80%の含水率があり、これが自然界で自然にとれていた食餌の形です。」

これ・・・☆☆
アルモネイチャー だけではなく、フツーに考えれば当たり前ですよね(^^)v
天然の食材はどれもがほとんど水分なのですから。。

理想への近道なら、ゴハンは手作りorウェットを!と、お伝えする理由がここにあります。

ところが・・・・・
正しいことを伝えているアルモネイチャーであっても
「ドライフードとウエットフードを40%:60%の割合で併用する食事を推奨」という矛盾があるほどに、
『シッポたちに必要な品質と栄養バランス』 と 『私たちが採用できる食事』は、乖離してしまっています。
お手軽&無責任なドライフードなしには、人もシッポたちも立ちゆかなくなっているのです。(T-T)


一方・・・・・
アメリカ流 総合栄養食であっても、原材料や成分値をみれば、
驚くほどの差があることはすでにご存知ですね。

そうです、そうです・・・・!!
総合栄養食の概念が、ペットフードの本場アメリカ:AAFCOからすでに崩れて来ているのですね。
その上、加熱で損なわれる栄養があることは世界中共通です。

我が子に何を選ぶか・・・。
   得られる結果が選ぶ人の責任であることでは、アメリカ流でも同じ事なのです。


アメリカ流であっても、ヨーロッパ流であっても、これが現実・・・・><;
しかも、遠く日本で暮らす子たちの事情など、メーカーさんはこれぽっちも考えていません。


ヨーロッパもアメリカも・・・・
メーカーさんは、戸惑う私たちに折衷策として 補助食+補助食=総合栄養食 を提案しますが
折衷ですから「もどき」なわけで、「もどき」でしかありませんから、
不足栄養があるため優劣はつけられないのです。


どちらも不足栄養を補えてこそ、 個々の身体に合った良い食事 なのです♪




■ なぜ補わなくてはならないのか?

もちろん、・・・・・不足してるから  デス。


 たとえば、頻繁にお聞きするお声として・・・・・

  ・我が家の子はパテタイプのウェットが嫌いです。

  ・我が家の子はゴロッとお肉の塊が入っている方が好きです。

なぜパテになっているか?
 ・・・・栄養バランスの調整のために採用している嫌いな食材を
    食器の中で選り分けられないようにするため。
なぜ動物性タンパク源がゴロッとしているか?
 ・・・・好きなモノだけを食べて欲しいと願うから。

どちらも・・・・・ユーザーニーズです(*^_^*)

でも!!
お口が好む動物性タンパク源や脂肪源だけをジャンジャカ食べていれば・・・・・
ビタミンやミネラルの不足は当たり前のように生じてきます!!  キッパリ><


たとえば、動物性タンパク源の含有量が高い食事は、
 ・ウンチが黒くなる(タンパク質が消化される際に発生する有毒ガスの色)
 ・ウンチがクチャくなる(悪玉菌優位の腸環境)
 ・ウンチが硬くなる(ウンチも脱水している)
 ・下痢
 ・便秘
 ・口臭→口腔疾患

 こうした経緯を経て・・・・
 蛋白質アレルギーや泌尿器疾患、太りすぎ・・・さらには次の病気に繋がります。


動物性タンパク源優位のゴハンを安全に食べるには・・・・
 ・炭水化物
 ・食物繊維
 ・ビタミン
 ・ミネラル   などを、自宅で補わなくてはなりません。


ミックスフーディング 基本サプリメント


メーカーさんは ウェット60% + ドライ40% で良いと言っているのに 
    なぜ補うのか? ですよね(*^_^*)

答えはもちろん・・・・・一つです。

   どの子も20歳まで病気知らずで過ごさなければいけないから です。

   「この年齢なら、もう良いんじゃない?」と獣医さんに言われたくないから です。

   まあまあ・そこそこのネコ生を、我が子に望んでいるわけではありませんから、
   不足は不足として、正面から向き合わなくちゃ・・・デス。




■ ヨーロッパブランドのウェットフードの強み!

栄養バランスのリスクがあっても、同社の製品をご紹介する最大の理由は
「引き算に困らない」 「足し算だけで利用できる」 と言う強みです。

アルモネイチャーは単独食材へのこだわりが高いブランドのため
「この食材が入っているから使えないのよね。」と言うことが少ないのですね。

つまり、 ゴハンから抜きとりたい食材=引き算 に困らない のです。 

お気に入りの動物性タンパク源をチョイスしたら、あとは不足栄養を足すだけ♪なのです。

補充するための 安全な副食材は全てご用意可能です。ご安心ください。


あとは・・・・・・
   個体差に合わせた栄養のベストバランスを、
      貴方の愛情で探してアレンジするだけ☆

なんちゃって手作りゴハンの始まりです♪




■ 面倒だから・・・アメリカ流総合栄養食に戻りますか?

意図的に操作された「穀物否定説」やその逆説アピールとしか思えない「肉食獣の誇張」
あるいは 大幅にぶれのあるAAFCO基準値。

これだけ食べれば安心・・・・・・・・・なんて神話は、はるか10年前に壊れてるって><;



何よりも・・・・
  日本で暮らす子たちには、
    世界の常識 + 日本で暮らすための栄養学 が必要なのです。




可愛い我が子のためですもの♪
          何だって出来ちゃいます・・・・・・☆




 PM2.5に影響を受けているおなかは高タンパクや高脂肪が苦手です。
 アルモネイチャーの単一動物性食材は・・・
 大事なタンパク質量を確保しながら脂肪の引き算が手軽に出来ちゃいます。

 あとはミックスフーディングで栄養バランスの調整を行って、
 日々のゴハンで「負けない腸環境作り」をなさってくださいね。



ページトップへ