フェレットフードガイド



●● ベビー ●●
消化器官が未成熟な時期ですので、
お腹に優しく消化吸収が早いフードを選びましょう。

●● 〜2歳 ●●
ローテーションで栄養の偏りを防ぐことは、
今後の過食を抑制し、しなやかな体を作ります。

●● 3〜4歳 ●●
高カロリーよりも、体内での利用効率の良い食事や、
栄養バランスを優先することが、
肝臓腎臓ケア、副腎疾患、インスリノーマ対策です。
肥満にも注意して老後に備えましょう。

●● 5歳以上 ●●
お腹への刺激だけでなく、
体にとって低刺激な食べ方を優先します。
食事は「量より質」として、
効率的に摂取することが重要な時期です。



  ベビちゃんがアッと言う間に大きくなって、ベビーファットから急転直下の痩せ方で維持体型へ。
  また、いくらご長寿であっても8年ほどのフェレ生は、4歳あたりで確実にシニアの体調となるほど、
  フェレットちゃんの体の変化は目まぐるしく、決して去年と今年は同じではありません。
  お腹の調子に合わせるように、ゴハンの栄養バランスも 年齢に応じたコーディネートが重要です。


ベビー 〜2歳 3〜4歳 5歳以上
ドライ  
 
 
 
 
 
ドライ  
 
 
ウエット  
 
 
 
 
 
ベビー 〜2歳 3〜4歳 5歳以上




 あえてフェレットちゃんの病理を語るならば・・・
 ガンやホルモン系疾患が多い生き物ではなく、
 敏感な免疫のため、良くも悪くも 「環境」「食べ物」「薬」の影響を反映しすぎることでしょう。
 安全で素材の良いゴハンは、病気知らずの体をつくってくれますが、
 防腐剤や保存料などの有害化学物質は、調べた通りの悪影響(※)が 如実に再現されしまうのです><
 (※ 肝臓、腎臓への影響、発ガン性、ホルモン異常、心臓疾患など)

   貴方のフェレちゃんに、元気で過ごしていただけるゴハンを選んでくださいね。


    どんなお悩みでも どんなに小さなことでも、お迷いの際はご相談ください。
    より良いスタート、より良いご継続のため、
    経験豊富なスタッフが、いつでも!どこまででも!お手伝いいたします^^

ページトップへ