ヤラー/サーモンと海藻のキャットパテ/100g


Cat Pate Salmon-Seaweed ・・・ オールステージ対応 総合栄養食

●ヤラーは 世界で初めてオーガニックペットフードをヨーロッパに導入した、シェアNo.1のメーカーです。

●自社調達のオーガ ニック原料は 全てトレーサビリティが可能であり、
 製品そのものがオーガニック認証団体Skal(スカール)の認証を受けています。

●工場はHACCPにも適応しており、生産・加工まで公的機関の保証がされています。

●すべてのヤラー製品はもっとも厳格な基準をクリアしています。
 合成芳香剤、着色料、嗜好剤、保存料、遺伝子組み換え物質の不使用だけでなく、
 原材料においても、成長促進ホルモン、抗生物質、人工肥料、除草剤、殺虫剤 は不使用です。

●猫が本来求める自然フードのため、未然に病気を防ぎ、健康を維持するフードです。





ヤラー/サーモンと海藻のキャットパテ/100g

価格:

389円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら


原材料

鶏肉*、鶏内臓肉*、牛肉*、牛内臓肉*、さけ、油脂*、海藻*、カラギーナン、カッシアガム、グアガム、
タウリン、アミノ酸グルコース、ビタミン類(VD3、VB1、VB6、ビオチン、葉酸)、
ミネラル類(カルシウム、リン、マグネシウム、ヨウ素、水酸化カルシウム)、酸化防止剤(ビタミンE)

*オーガニック認証済み原材料
【EKO認証 95.1%】
ヤラー サーモンと海藻のキャットパテ


給与量の目安

1日量の目安・・・成猫で1日200〜400gを目安に、体重や運動量に応じて増減してください。


保証成分値

タンパク質 13.1%  脂肪 6.3%  炭水化物 0.6%  食物繊維 0.7%  灰分 2.2%  水分 77%
カルシウム 0.37%  リン 0.34%  ナトリウム 0.20%  マグネシウム 0.01%  ビタミンA 30,000IU/kg
ビタミンD3 500IU/kg  ビタミンE 10mg/kg  タウリン 250mg/kg
代謝エネルギー(ME) 120kcal/100g


保存方法

小分け保存を行う際は・・・
「開缶時」に「手早く」「空気が残らないようラップを密着」させて冷蔵庫に入れてください。
上手に小分けいただければ、2-3日は開缶時の風味がそのまま残ります。
「そのままタッパーへ」の小分けは、短時間であっても風味を損なうためお勧めできません。



ナンナメッセージ

長らくお待たせを致しましたm(_ _)m
ナチュラルキャットフードを語る際の両輪の一つがこのブランド。
威風堂々の言葉が似合う ヤラー です。

それなのに、なぜ、爆発的人気ブランドに上がってこないのか・・・なんですね。
飾り気がなく、真面目で、強くて、たくましい・・・まさに質実剛健だからです><

過度な言葉でブランドアピールもしないですし、
独自の栄養学も譲らないですし、拡販戦略も行なわないほどの頑固さデス(^_^.)

タンパク質量を上げればニャンズのお口は喜びます・・デショ?
けれども、それを安易に行えば、腎臓や肝臓に負担が伴う事をヤラーは知っています。


【パテのシリーズ】は、全ての原材料を滑らかにミキシング&固形化してあります。
本製品はパテタイプですが、シッカリ硬めの食感です。
 ・噛み食べのネコちゃんには持って来いです。スプーンで一口大にして差し上げてください。

 ・舐め食べのネコちゃんには、スプーンで潰して水分で緩めて差し上げてください。


サーモンと海藻 と言っても、動物性タンパク源の主食材はニワトリさんです。
さぁ!サーモンをシッカリ食べましょう!!と言う製品ではありませんのでご安心ください☆

日本における「海藻」は
陸上植物と同様に根・茎・葉を有し花を咲かせる「海草」とは区別されており

 褐藻類:ウミトラノオ、コンブ、ヒジキ、ヒバマタ、ホンダワラ、モズク、ラッパモク、ワカメ
 紅藻類:アサクサノリ、テングサ
 緑藻類:アオサ、アオノリ、カサノリ、サボテングサ、フサイワヅタ、ミル

 などがあります。

 海藻は命の源である海で育つ植物ですから、陸上植物よりも生体が必要とするミネラル含有量が豊富です。
 また、可溶性食物繊維が豊富な事でも知られていますね。
 ウンチをフックラさせるための保水力や細菌叢のゴハンになる栄養素がこの可溶性食物繊維☆
 この王様がガゴメ昆布で有ることはすでにご存じ方も多いと思います。

 オーガニック認証は海産物では取り難いのが一般的ですが、ヤラーは違います!!
 どうぞご安心くださいね。

ニャンズが大好きなサーモンと海藻を安全なお肉と一緒に召し上がれ♪

オーガニック食材をふんだんに使用しているからこそ、ホームメイドゴハンとの併用もOKです。
自由にアレンジなさって下さいね。


ご利用案内

ページトップへ